プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
敗戦前後の混乱。
2013/09/19 [Thu]08:22
category:放言
8月15日の後、何故軍政布告は止まったか > ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>                              西村 眞悟>
> 如何にして8月15日に漕ぎ着けたのか。その任を果たした人物のことに触れたい。
> それは、鈴木貫太郎(慶応3日泉州堺久世地区生まれ、昭和23年4月17日(没)である。昭和20年4月7日、鈴木貫太郎77歳は「江戸時代に生まれた総理」となる。
>
> 「老人でございますから」と固辞する鈴木に、陛下が、「もはや卿しかいないのだ」と言われた。
>
> 皇太后も、陛下の父親と思って引き受けて欲しい、と言われた。長年侍従長を務めた鈴木の妻は、陛下の乳母であり、陛下は鈴木の妻を母のように慕っておられた。
>
> この陛下の言われた「もはや卿しかいない」という言葉の意味は、戦を収めること、つまり終戦に漕ぎ着ける事ができるのは鈴木しかいないという意味である。この時、戦を収める事ほどの困難はなかったのだ。
>
> さて、天は鈴木に、昭和20年8月15日の為に命を与えてきた。鈴木は、幼い頃、暴走する馬の足の下に倒れた。しかし死ななかった。それを観ていた人は、鈴木の運の強さに驚いた。
>
> 海軍士官となった鈴木は、水雷艇艇長(日清戦争)そして駆逐艦司令(日露戦争)となって、それぞれの海戦で、敵艦に機銃が届く至近距離迄肉薄して魚雷を放つという命知らずの必殺の戦法をとって敵戦艦数隻を撃沈する殊勲をあげた。

つまり、特攻作戦である。生きているのが不思議といわれた。部下は彼のことを鬼貫太郎、鬼貫と呼んだ。
>
> 昭和11年2月26日未明、侍従長であった鈴木は、安藤輝三大尉の率いる歩兵第三聯隊の兵に襲われ、頭部、胸そして大腿に銃弾をうけて昏倒した。
>
> トドメをさそうとする安藤大尉に、鈴木の妻が「おやめください。老人ですからトドメはささないでください。どうしてもというなら私がトドメをさします」と言って止めた。
>
> 安藤大尉は、鈴木に敬礼して退出した。その後妻が、意識のなくなった鈴木の耳元で、「あなた、しっかりしなさい」と叫ぶと、鈴木は目を開け蘇生した。
>
> 昭和23年に鈴木は死ぬが、彼を火葬したあとに遺骨と共に2・26事件の時に撃ち込まれた銃弾があった。
>
> 昭和20年4月7日、小磯内閣総辞職をうけて鈴木は総理大臣に就任した。4月12日、アメリカ大統領ルーズベルトが死去する。
>
> 鈴木は直ちに、優秀な戦争指導者を失ったアメリカ国民に対して心より哀悼の意を表するとのメッセージを送信した。同時期、ヒットラーがルーズベルトを罵るメッセージをアメリカに送信した。
>
> アメリカに亡命していたドイツ人作家トーマス・マンは、「東洋の国日本に騎士道が残っている」との賞賛のコメントを発した。
>
> 翌4月13日、東京は3月10日に続く大空襲をうけた。トーマス・マンは、ドイツと共にアメリカにも騎士道などないと思い知ったであろう。4月30日、ヒットラー自殺。
>
> 我々日本国民は、そして、アメリカ国民も、日本国総理大臣鈴木貫太郎が、都市住民の無差別殺戮という国際法無視の残虐な敵襲の中において も、

その敵国のルーズベルトという大統領の死に対して武士道の精神に基づきアメリカ国民に対して哀悼の意を表したことを忘れてはならない。
>
> 8月14日、御前会議に於いてポツダム宣言受諾決定。同日、玉音を録音。戦争継続派軍人、録音版奪取失敗、クーデター派自決(宮城事件)。
>
> 8月15日、未明、阿南陸軍大臣自決。正午、玉音放送。鈴木内閣総辞職。


テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
関西の堺に、関宿藩の飛び地
 翁、鈴木貫太郎は現在の堺市中区伏尾生まれですが、はるか関東の関宿藩士の子で、幼児時代に現在でいう千葉県野田市の一部、関宿町に戻った。なんと関西の堺に、関宿藩の飛び地があったんですね。
 関東の関宿は、利根川から江戸川が分かれる河川交通の要地で、川魚料亭に昔は遊郭で有名。この関宿町には鈴木貫太郎記念館、それに墓所があります。
 翁の説かれる本論から脱線してしまいましたが、20年ほど前、R・Hさんとお会いしたのも、この関宿からほど近い場所だったんです。(元小倉高校生)
【2013/09/19 11:13】 URL | 元小倉高校生 #- [ 編集]

東筑中と香港慕情
 翁、豊津中学出身の杉山元も終戦後の9月に拳銃自決、夫人もその後を追ったのですね。
 私事で欄をまた汚すことお許し下さい。わたしもそこそこジジイ馬齢を重ね、間違い、言い足りないことが毎日気になります。
 その1、「東築中だと?(東筑と比べれば)小倉中など、ずっと後、豊前室町に仮校舎が出来たんじゃ!」と、大叔父の墓が揺れそうだし、
 その2、香港のことも。蒸し返しですが、現中国は英帝国との清朝屈辱外交の結末で「英領香港など、もともと無効」との立場。1997年に返せ~~ではなく今すぐ返せ!と言うべきものでした。
 現に本邦では沖縄について、どこかの政党団体が「即時、無条件、全面返還」と、歯切れはよいが単なる合唱、いや遠吠えでした。四千年の知恵の中国は当時、現状追認。香港経済からの利益が莫大なものだったからです。
 一方英国管理香港でも「新界」は「99カ年租借地」なので”法治国家英国”としては、期限切れ1997年に返還が迫ってました。しかし香港島と九竜先端部はあくまで永久に英国領土。
 でもこの永久領土も中国側からの給水がなければ、生活維持不能。老獪な英国は、早くから英領部分の香港も中国に「高く買い戻させる作戦」に出た。それが1997年英中香港返還の内幕。
 英国は冷戦醸成期に、米国の強い反対を押し切って、西側で最初に毛沢東の国を承認。中国にはその「大きな借り」が。いまや中国に戻った香港ですが、日本リニア新幹線全通直後か、2047年までは「一国二制度」の高度自治。英国権益はいまもチャッカリ残る。
 一方、ロシヤのプーちゃんの、北方領土問題で色目めいた言動があるのも、米国シェールガス登場より前に、いま値崩れのシベリヤ天然ガスのパイプラインで、しっかり本邦をつなぎたい思惑でしょう。(元小倉高校生)
【2013/09/19 09:19】 URL | 元小倉高校生 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ