プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
日本の未来を憂う。(その一)
2013/08/27 [Tue]08:47
category:放言
 一週間前から、セキをしてもクシャミをしても左の胸が痛むので、昨日病院に行った。
レントゲン、心電図、断層写真を撮ったが異常なし、恐らく筋肉痛ではないかと痛み止めを3錠貰って、様子を診ることでチョン。私を含めて老人の多いこと芋を洗うが如し。
以下は、作家・曽野綾子女史の寄稿文『小さな親切、大きなお世話』より。感激、感銘を受けたので転写した。一読して頂きたい。

「安倍内閣は、一応順調にすべり出していると言われるが、私はただちに取りかからねばならない、重大な課題が残されている、と思っている。
 原発問題もその一つだが、それよりある意味では、もっと確実に暗い未来が見えているからである。
 日本の人口が高齢化に向かっていることは既に警告されているが、団塊の世代(1947~49年生まれ)が、すでに一部は老齢に入りかけた。彼らが75歳以上になる2025年に高齢者人口は3625万人になると言われている。一方総人口は減少するので高齢化率は上昇し、2035年の高齢化率は33・4%に達すると言われている。つまり3人に1人が高齢者になるというわけだ。この高齢化率はさらに上昇し、2060年には39・9%になって、実に日本人の2・5人に1人は65歳以上の高齢者になるという予想である。
 実を言うと、私はこうした統計をあまり信じていない。人生には想定外のことが起きるのが普通であって、人は人生で必ず何か思わぬ番狂わせに出逢う。
 しかし一応の原則を信用しないわけにもいかない。私自身は夫婦で3人の親と同居し、全員を自宅で見送った。しかし2・5人の成人で1人の高齢者をみるということは、かなり困難なことである。
 数年前まで私は途上国のマンパワーを入れて、経済的行為の一環として日本の高齢者をみてもらえばいいと思っていた。しかし途上国の人口も、特にアジアにある国は減少しつつある。続きは明日

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント

相変わらず勉強しているナ 以前から図書館通いしての読書には感心させられているが
安倍内閣の重要課題として、高齢化と原発問題云々とあるが消費税問題 我が国の5%は、北欧諸国から見ると安い がその代り高齢者に対する保護が充実している。家族に囲まれている高齢者は、兎も角として一人住まいの高齢者が意外と多い その方々は寂しさで人恋しくなってくる、そして人口減少は、今の時代の人間 、子育ての苦労より楽しく過ごす事をとる その機会 道具も増えている 色々 在るのが人生か、身体の調子 異常なしで良かったネ 元気出して続けて下さい。

 
【2013/08/27 14:06】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ