プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
人間の性愛は深淵。
2013/08/21 [Wed]11:55
category:放言
 今朝の産経新聞」の書評 「渡辺淳一さん新刊『愛ふたたび』」 【老年の性の葛藤 実感込めて】の盗作。
医学の進歩で健康寿命がのびたことで、高齢者の性生活の悩みは誠実さを増している。週刊誌が競って熟年のセックス特集を組むのもそのためだろう。作家、渡辺淳一さん(79)は新作「愛ふたたび」(幻冬舎)で、性的不能となった男の葛藤を通して、そんな超高齢化社会における男女の愛のひとつのかたちを提示する。
 主人公は、愛妻を亡くし第二の人生を歩み始めた整形外科医「気楽堂」こと国分隆一郎、73歳。それなりに充実した日々を送っていたが、ある日、付き合いのある女性とベットをともにしたとき、全く勃起する気配がないことに気づき、絶望のどん底に突き落とされる。
 性的不能に悩む気楽堂には、作家自身の心境が重ねられている。70歳過ぎて自らが直面した症状だからだ。
男にとって存在自体を問われるような根源的な問題。僕自身、実際にそうなってみると大きな衝撃を受け、しばらく落ち込んだ」渡辺さん。一方では“これを書かない手はない”という作家の本能もうずいたという。
『恥』の意識が強くて多くの作家が口をつぐんできた題材だから、さらすのには勇気や覚悟が必要だった。でも僕はどちらかというと『私小説作家』で、恋愛小説でも圧倒的に自分のの内面を描いている。落ち込み、そこからよみがえる生きざまを書いてみたいと思っててね」
 物語では、回復しようのない症状に悩む気楽堂の前に、亡き妻の面影をしのばせる女性弁護士が患者として現れる。読みどころは、症状を前向きに受け入れ、これまでのセックス観を改めていく気楽堂の心の動きにある。
性行為は、男性からの一方通行ではなく、双方向のコミュニケーション。気楽堂は言葉と情熱、相手の立場を思いやる想像力を尽くして女性弁護士と向き合う。[何かを失ったことで、深い愛に目覚めていく。それがタイトルの意味するところ」と笑みをみせる。「年齢を重ねて身体が弱っても、並行して女性への関心が衰えるわけではない。
そういうとき、どう人をあいすべきか・・・新しい生き方を提示したかったなあ」
 数年前に前立腺ガンが見つかり治療を続けるが、小説にエッセーに、と健康ぶりはかわらない。「僕なりの方法でほかの人が書いていない作品を一つでも多く残したい」そんな「強い欲望」が、医学的な人間認識をもとに男女の性愛に迫る独自の恋愛小説に結実する。「幸い僕は医学をやって来たから、人間の欲望を分析する視点を持っているけれど、年を取ってから知ることはいっぱいある。もっと人間という生き物を深く書いてみたいなあ」(海老沢類)
この本の中でも書いてあるが、京大霊長類学研究所名誉教授・大島清博士は数多く著作のなかで、、勃起しなくても唇や指があるではないか。手を繋ぎ添い寝するだけでもホルモンの分泌に拍車がかかると書いてある。
上記新聞の転写に5時間かかった。

テーマ:「健康生活」シリーズ 実践編 - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
高齢化社会
翁 本日のブログ 翁の顔を思い出して良かった 最近、高齢者の思い、特に一人住まい、一人 テレビに向かって飲む酒 寂しさが募ってくる 翁らしい書物の選び方に喝采
頑張れ!!
【2013/08/22 07:45】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ