プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
「愛ふたたび」ー渡辺淳一著
2013/08/02 [Fri]07:53
category:放言
 『蝸牛角上の争い』先の参議院議員選挙では自公が圧勝し、共産党がやや善戦したものの、民主党の無惨な大敗を始め野党の大敗で幕を閉じた。ところが憐れなのは、負けた者同士が責任のなすりあいをしていることだ。
政治に愛想が尽き、政治を語る気もしない。ただ安倍内閣のネックは、麻生副総理の失言ではないかと危惧していたら、案の定だった。この失言は国際的だから結局、辞めざるを得ないだろう。失言の内容の多くは事実だけど、マンガによる勉強だから、トキ、トコロ、ヒトの深い認識がなかったのではないのか。また、国際会議や外国訪問での飛行機のタラップでの服装は、バナナ帽子を斜めに被り、白いマフラーで本人は粋なスタイルと思っているようだが、完全にヤーサン・スタイルであった。

 不倫・性愛文学の大家・渡辺淳一著『愛ふたたび』を紹介しょう。
 第一章 おとずれ  第二章 愛のさなかに  第三章 定まりぬ
 第四章 ときめき  第五章 さまざまな男女  第六章 神秘の森を学ぶ
 第七章 性のかたち  第八章 新しき恋  第九章 夫人への告白
 第十章  愛しきゆえに  第十一章 同期の仲間  第十に章 京への旅
 第十三章 人間らしく  第十四章  回春科  第十五章  愛ふたたび

 上記は目次のみ、内容はそれぞれが想像されたい。あらすじは次ぎの通り。
小説の主人公は、著者本人ではないかと思われる。東京都内の公立病院の医長を65歳の定年で辞め、銀座で整形のクリニックを経営する73歳の医師で、6年前妻を亡くしたとする設営で、50歳台の社長夫人と、病院勤務時代の部下、40歳台の看護師と肉体関係があり、夫人との関係中、突然不能になって慌てた描写が描かれている。不能の原因を医学書で調べ、看護師との関系で確かめ涙ぐましい努力をした。結局は、高齢が不能の原因である。最初はバイアグラを飲んでいたが、免疫ができたと見えて今では、指と唇で女性をオルガスムスに達成させるさことに喜びをえることにした。本の中には、診療にきた40歳台で美人の弁護士を口説く模様が描かれている。(T)

テーマ:女を磨こう!! - ジャンル:恋愛

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
愛 ふたたびを見て
人間の男性の歩む道 生きてゆく日常生活で、オスがメスに対する考え、行為
オスはメスを喜ばせて自分も楽しむという習性を持っている しかし これも40年.50年と続いた夫婦には、無理だろう オスはメスに対して、愛情は持っていても ここまでの情熱がわいてこない マンネリズムが邪魔する スリルを感じる相手だ しかし、バイアグラ等は、長くて75歳が定年 人生の終結の感じが強まる 
【2013/08/03 05:27】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ