プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
自民圧勝を赦すな!
2013/07/16 [Tue]07:21
category:放言
 昨日の原田進氏のコメント事実なら福岡県の政界に大波乱。ご一読されたい!。今朝久し振り『掲示板』を開いてみたら、三原代議士から2編の書き込みと林理介さんの教え子・藤村咲さんの長文の書き込みがあって嬉しかった。
昨日、ウルトラ保守主義者で熱血漢のHさん夫妻に招かれて、私と妹がホテル・クラウンパレスで食事した。彼は旧制中学の後輩で、妹とは小学校が同級生で懐古談に花が咲き、参議院選挙中が重なり談論風発、3時間が瞬く間に過ぎた。各世論調査がことごとく自民党が圧勝との報に危惧、維新の会に投票で意見が一致した。
また、安倍総理は大衆に迎合して、憲法改正や、靖国参拝の一時の騎虎の勢いはどこえやら、トーンが日に日に下がっているのも気懸かりだとも一致した。  (T)
『自民党、”世襲制“禁止の内規を撤回、いちおう”公募制”にして”身内”の立候補を容認』


 自民党は1月18日、常任幹事会を開き、次期総選挙では、形式的には”公募制”のカタチをとりながらも、実質的には”身内”の地盤継承を認める”世襲制”を容認する基本方針を、とりまとめた。一昨年夏の衆院総選挙では、民主党などに対抗する狙いで、いちおう「自民党・国会議員がなんらかの理由で辞任する場合、その配偶者、あるいは三親等以内(孫もしくは叔父、叔母まで)は同一選挙区から立候補できない」とする”内規”を決めたが、この”内規”は全面撤回する。前議員の”身内”も”公募”に応ずる形をとれば、どんどん立候補できるようになる。もっとも、前回総選挙でも、この”内規”は”空文”化しており、小泉純一郎元総理の次男、進次郎氏はその地盤を受け継いで、立候補し当選している。
(R・H)

テーマ:2013参議院選挙 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ