プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
売春は人類初の職業。
2013/06/18 [Tue]15:23
category:放言
『韓国、台湾双方に”公娼(こうしょう)”復活の動き、インターネット上では案外、賛成論者多数かも』

 高成長し続ける中国などの観光客を、モッと呼びこもうと、地道一方のわが日本に対抗して、韓国と台湾とが、いわば政府公認の”公娼(こうしょう)”制度を復活して、その昔、日本にも存在したような遊郭や赤線街のような、性の”特別区”をつくろうという動きを、見せている。

 韓国の大衆紙、マイ・デイリーなどが11月6日、報じたところによると、韓国の与党、ハンナラ党の有力幹部、許泰烈(ホ・テヨル)国会議員は、このほど経済長期計画立案の議員フォーラムで、韓国にも、米国のラスベガスに匹敵する、カジノとセックスとを公然かつ自由にやらせるフリー・ゾーン(特区)をつくろう、と提案した。これに対しては、野党、民主党の趙培淑(チョ・ベスク)議員がすぐ反論し、「日本人観光客むけに、ご機嫌をとった”妓生(キーセン)観光”を復活させたいのか、韓国史上にまた恥辱をつけ加えたいのか」と、許議員に迫り、この論争の決着はついていない。同紙の報道によれば、インターネット上は「ドイツもオランダも”公娼”を認めている」とか、「”公娼”が存在すれば、若者らの性道徳は乱れなくなる」とか言った許議員・擁護論の方が多く目につくとか。

 台湾の”公娼”復活論は、もう数年前から始まっており、その実現に向け、与野党が歩み寄っている、といわれている。台北、台南、台中、高雄、基隆のような中心都市は避け、その郊外か、中小都市に、”紅燈区”の名称を与え、設置地域を特定化して、”遊郭ずくり”するプランが順調(?)に進んでいる。最も”紅燈区”建設の計画が現実化しつつあるのは、台北北郊の桃園県の華西街というマチだそうだが、台湾南部の屏東、同北東部の宜蘭などでも、ハナシが着々と進められている。
(R・H)
人類最初の職業は売春だと言われている。
 原始時代、食べ物を得るために仕事分担に、男は狩猟に明け暮れた。が、獣や鳥にしても魚類にしても天候に左右される。従って女は、家にいて子育てに励み、木の実や草花の採集を中心の仕事をした
ウーマンリブで女性の力が強くなったとはいえ、演歌にあるように“男はみんなオオカミよ”にスケベーなのも事実。戦後、日本は朝鮮戦争の恩恵を受けていち早く復興したが、台湾も韓国も貧しく、外貨獲得のため売春を黙認したようで、娼婦には暗さがなく公務員だと自認し田だけでなく誇りをもっていた。

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ