プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
政治家の胆の細さよ。
2013/05/22 [Wed]09:16
category:放言
 維新の会の代表・橋下氏の言葉尻を取り上げて、みんなの党代表・渡辺氏は連携を解除したが、維新の会も、西村慎吾氏の発言に対し除籍した。政治家のケツの穴の小さいのに驚いた。またマスコミも大所高所からではなく、枝葉末節を面白可笑しく茶の間に届けた。折角アベノミクスで景気に明るさが見えてきたというのに・・・事の本質をなぜ報道しないのか慨嘆に堪えない。
 人口がドンドン減っているというのに、上は国会から、下は地方議会まで定員を減らそうともしない。
彼らの頭にあるのは、天下国家よりも己の当選のみがあるようだ。(T)
BRICs に次いで VIP を重視せよ、とくに その工業化のため!
ブラジル(Brazil),ロシア(Russia),インド(India),中国(China)という”新興経済大国”の国名・頭文字をツナぎあわせて BRICs と呼称し、その経済成長に眼を見張ったのは、つい ”きのうのコト” だが、今度は次代、高成長を期待されている国の国名・頭文字を、結び合わせた新語に、VIP という新語がある。字引きをひくと、VIPとは本来、Very  Important  Person (超重要人物) という訳が出て来るが、ここ ニュース の世界では、Vietnam (ベトナム)、Indonesia(インドネシア)、Philippines(フィリピン)という三国の国名・頭文字をツナげた新・時事用語である。
BRICsのブラジル、ロシア両国は一時、経済的にも高度成長したが、本来、白人か白人系混血が主力になっている国で、やはり欧米文化に近く、三十余億のアジア人とは血縁が遠い。中国は今なお年間、9%前後の高成長を続けているが、アメリカはじめ欧米諸国から、為替レートでの通貨”人民元”切り上げを要求されどうしだ。”一人っ子”政策などで、13億3千余万の人口は増加にストップがかり、コトによったらアジア”第二の少子高齢化”国家になる恐れもあり、人件費は高騰するばかりで、日米欧の進出資本も頭が痛い。インドは 12億 1千余万の人口がいぜん増加傾向にあるが、なにしろヒンドゥ教の伝統下、上はマハラジャ、バラモン、クシャトリア、ヴァイシャ、下はスードラ、ハリジャンと、多数の出身階級の階層(カースト)差で、技術発展、経済成長は阻まれがちになる。

そこへ行くと、人口こそベトナムは約9千万、インドネシアは約2億3千万、フィリピンは9千3百余万と、少ないが、人口増加率は高く、第一、その国土は広い。海外からの進出資本にとって、問題の人件費も中国などより、ズッと低い。中国にインフレやバブル崩壊のリスクが迫ってきた最近、中国に進出していた日欧米資本も、他のアジア諸国、とりわけ VIP 三国に工場を移しつつある、という情報が乱れ飛んでいる

VIP三国は 第二次大戦まで 仏蘭米など、欧米諸国の植民統治下にあり、農業国家としての面が強く、工業水準は中印両”大国”にとても及ばないが、いずれも急速な工業化に、燃えるような意欲を見せている。これら VIP三国が今、いちばん工業化のパートナーとして、資本進出、技術移転、研究協力、教育向上などについて、協力を待望している国が”同じ肌”の兄弟国(?)、日本であるコトを、我われ日本人は忘れてはならない。VIP三国が新たに独立したのは、1945年夏、第二次大戦が終わって以後のことで、第二次大戦下、日本が軍事的、政治的に”南方進出”したコトと、無縁ではない。VIP三国は中印両大国ほど、面積は広くなく、未開発の土地も少なくないが、それだけ日本人にとって協力、貢献の余地があり、向こうからも、それだけ高評価されるだろう。国名をツナぎあわせた VIP を Very Important な国として、”第二の新興大国(BRICs)”にしたい。(R・H)
以上は、林さんの元気な2011年11月14日に送られたもので、沢山ストックがあるので順次紹介する。


テーマ:憂国 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ