プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
安倍総理の勢いは何処に。
2013/03/01 [Fri]15:34
category:放言
アルジェリア人質事件で犠牲になった日揮の木山聡さん(29)は、よほど自慢の教え子だったのだろう。事件直後、恩師である長岡技術科学大学名誉教授の石崎幸三さん(66)が、手記を小紙に寄せていた。何度読み直してみても、胸が熱くなる。
石崎さんによ、学生時代の木山さんは、優秀なだけではなく、正義感と行動力に溢れていた。そんな有為な人材を見殺しにしたのは、日本の虚構の「安心・安全」だという。
海外の邦人の安全確保のために十分な予算がつかないのは、政治が国内の内向きの要求にばかりに応えて、大盤ふる舞いしていたからだ、と。一部の政治家が根拠もなく外国政府に頭を下げるのは、かえって日本を危うくする、とも指摘していた。
中国海軍による、海上自衛隊の護衛艦などへのレーダー照射には、米穀も衝撃を受けたようだ。バネッタ米国防長官は強い口調で、中国に自制を求めた。当然だろう。米軍は湾岸戦争後、偵察飛行中の米軍機がイラク軍からレーダー照射されると、すかさず軍事施設を空爆している。
そんな一触即発の挑発行為にもかかわらず、中国外務省は、知らなかった、とコメントした。中国軍の暴走というのか。それとも、習近平総書記も承知している、尖閣諸島占領を見据えた作戦ののひとつなのか。
いずれにしても、現場の自衛官にとっては、一瞬たりとも気の抜けない日々が続く。国民の「安心。安全」のために、危険なな任務に就く人たちに対して、もっと敬意を表すべきだろう。ところがこの期に及んで、自衛隊も緊張を煽っている、と主張する軍事評論家もいる。中国に頭を下げて、利用され続けた政治家にいたっては、顔も思い出したくない。
上記は『産経抄』より。最近の安倍総理のトーンが残念ながら下がった。
今日は福岡県の公立高校の卒業式で、自宅前の高校に来賓として出席した。ピンと張りつめた厳粛さのなか、「仰げば尊し」を式歌としての合唱に瞼が赤くなり心が洗われた

テーマ:安倍内閣 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)
この記事に対するコメント
春の嵐
昨日(4/7)福岡から知人が来て ある一部の高速道路が、雪で交通止めになってましたよ と聞き 桜も散り すっかり春なのに今頃どうして雪と笑いましたが、今朝の新聞見てびっくりしました。熊本県の阿蘇山では3センチもの積雪で、観光客がふるえながら歩いてたとあり、猛烈な低気圧のため高波にさらわれ4人も死亡したとか? 強風にあおられ転倒した人が30人を超える怪我人が出てるなど? 最大瞬間風速 北海道で41.6メートル、阿蘇山で25.2メートル、雲仙では23メートルなどの大荒れ、長崎五島では堤防約3メートルを超える高波にさらわれ海に転落し、引き上げられたが搬送先の病院で死亡されたとか、鹿児島屋久島でも堤防で いけす の点検中 高波にさらわれ12時間後に死亡されたとか、ビルが倒れかけた、鉄製の看板が落下、空の便が50便も欠航、東海道新幹線や方々の交通の乱れなど本当に春の嵐にびっくりさせられました。
【2013/04/08 08:38】 URL | 田中治療院 #- [ 編集]

花見
元気な84歳のお誕生日おめでとうございます。今は何処も桜の花が、きれいで お誕生日のお祝いの花見が いっそう楽しめそうですね。花見に お出かけになられましたか ? いつまでもお元気でいて下さいね。そして楽しい会話も たまにはよろしくお願い致します。
【2013/04/02 01:05】 URL | 田中治療院 #- [ 編集]


国を守って下さる自衛官には心より頭がさがります。
有難う・・・
【2013/03/04 14:12】 URL | 山麓 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ