プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
「青山昌史の目」と北の核実験。
2013/02/14 [Thu]08:46
category:放言
世界日報に寄稿した友人でジャーナリストの『青山昌史の目』のコピーが送られてきた。
A4一枚に纏めたいのだが、私の能力では無理なので見だしだけを列記する。
大見出し『出足好調の安倍政権』 『アベノミクス好感、円安・株高進む』 『迫力欠く野党の追及』
中見出し
「中途半端な財政政策、成長戦略が重要に」>
小見出し
=「暴落後の最高値」 「中国が揺さぶり」 「予算の成立を急げ」
以下は『産経抄』より。 
日本社会に与える脅威や影響力は全く異なるとはいえ、2つのできごとが妙に重なって見えた。遠隔操作ウイルス事件で30歳の会社員が逮捕されたことと北朝鮮による核実験である。自己顕示欲の強さで共通しているように思えるからだ。
ばーちゃる遠隔操作事件では、ばーちゃる(仮想的)なネット世界に潜む犯人を割り出すのは容易ではないとみられていた。それがノコノコというように、現実空間に出てきた。しかも防犯カメラには動かぬ証拠を残す。捜査当局からすれば、こんなラッキーな話はなかった。
捜査を攪乱しようとか、からかおうとという意図もあったかもしれない。だがそれより、もっと事件に世間の注目を集めたい願望が強かったせいという見方が当たっているようだ。こんな犯罪をやってのけたお自らを早く見つけてほしかったのでは、という気さえする。
一方、12日に核実験に踏み切った北朝鮮の「目立ちだかり」も、度を超してきた。1月に「重大措置」を表明したと思えば、今月になるとウェブサイトで「核実験は米国の早合点」と見送りえおほのめかす。「小出し」に自国に対する注目を集めようとしているかのようだった。
ミサイル発射や核実験を予告するたびに各国が右往左往しているかに見える。そのことを「夜郎自大」に勘違いしては自らを強大な国と思い込む。その上で超大国の米国と渡り合い、金正恩体制の維持を保障させたいというのがその狙いだろう。
いまだにバーチャルな世界で悪ふざけしているといっていい。だが国際社会は、これまで大目にみてきた中国を含めて、しびれを切らし始めている。一刻も早く現実空間に出てこなければ、待っているのは身の滅びだけだ。
私の安いパソコンでさえも、一軒一軒の家が見える。まして日米政府のパソコンの偉力は抜群のはずだ。合点がいかないのは、六ヵ国協議でも、日米韓はいうに及ばず、中国、ロシアまで、北朝鮮に手玉にとられて振り回されていることだ。

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ