プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
「死中に生を求むべし)
2012/12/12 [Wed]09:36
category:放言
「歴史の」交差点」  『死中に生を求むべし』 ー産経新聞(12/11) 
           明治大学特任教授(前東大教授)・山内昌之
(前文・後文一部省略)

 政治家たる者は、絶体絶命の窮地の中でも活路を見いだすことが大事であり、じっとしているだけでは行詰まってどうにもならなくなる。 このあたりが、党内で野田首相の外遊中に寝首を掻こうとしていた不穏分子をあぶりだし、一部を離党に追い込んだ豪胆な首相の肚の内ではないだろうか。
もう一人、「死中に生を求むべし」と思い定めた政治家がいる。「国民の生活が第一」を解党して「日本未来の党」に合流した小沢一郎氏である。
小沢氏は、ある意味で、端倪(たんげい)すべからざる政治家である。小沢氏と「卒原発」なるスローガンとの組み合わせほど、有権者の連想から遠いものはない。また、地方県知事が党首に就く新党に合流するのに、、国会議員の相当数が小沢氏の意思に従って解党に応じたのだ。氏の政党代表としての統率力は今時珍しいほどのものだ。選挙予測に通じたプロの小沢氏は、「まさに座(いなが)らに窮す可(べ)けん乎(や)」と判断したのだろう。
これは、選挙戦術だけに徹し、ウイングを広げて選挙互助会をつくり、数合わせを重視する氏らしい手法である。外交安全保障や消費税といった国家の基本問題でさえ、いともたやすく立ち位置を変える氏のことだから、環境運動家ともいうべき嘉田由紀子知事と政治ブロッグを組んでも不思議ではない。、
「死中に生を求むべし」と述べた延岑(えんしん)は「財物は聚(あつ」め易き耳(のみ)。宜しく愛(め)しむこと有るべからず」とつづけている。生死を分ける戦いにはざえひとも必要な金をおしんげはならないというのだ。
昨日、書いたように、自民の圧勝を危惧する人も多い。せいぜい自公で260か270が理想ではなかろうか。
私は先に述べたように、小選挙区は自民に、比例区は憐憫の情、惻隠の情、武士の情けをもって、孤軍奮闘している嘉田代表に入れる予定。

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
衆議院選挙
本日13日、9区では石波幹事長が黒崎にきたみたいですが、M陣営別に動員もかけず人数は600名位らしい、大差で勝っている余裕か、O陣営候補自ら選挙カーに乗り込み助けてくださいと言っていたが、何をいまさらの感じでむなしさだけか、選対の幹部も何をしていいのかわからない感じで、早く選挙がおわればなあ~というかんじか、10区みんなの党の候補より本日は2回ほど情報交換あり、本人惜敗率で当落5分5分の状況だ、開票を待つのみだと返事する。
【2012/12/13 19:21】 URL | 九州西安建築設計有限公司・原田進 #- [ 編集]

衆議院選挙
本日12日はマスコミによると福田元総理、安部総裁が北九州に自民党の応援に入った模様、安部総裁各地でかなりの人気であるらしい、自民党の勢いか、朝方、大手通信社の世論調査を聞いた、9区では自民50P・民主25P・維新13P・共産8P、10区では自民50P・民主20P・みんな13P・やはり両区とも同じような数字である、共産が反原発で微増らしい、今までの経験からいけば、民主が追いあげてすこしずつ差がちじまらなければいけないのに、今回は自民と民主の差が広がるばかりで、こんなの初めてです。
【2012/12/12 19:18】 URL | 九州西安建築設計有限公司・原田進 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ