プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
老人の青春。
2012/10/29 [Mon]10:58
category:日記
『老人の青春』 旧制中学の同級生・上村克郎編「亦楽(えきらく)メモ」より

①ゲーテ(1749ー1832)の詩の一節「わがこの胸の、ほかのいずこに、君は住むというのか」、
ゲーテ74歳、恋人・ウルリーケ19歳。ゲーテは82歳で名著「ファウスト」を書き上げた。

②ピカソ(1881-1973)「若くなり始めるのはふつう60歳からだが、その時ではもう遅い」。「ようやく子供のような絵が描けるようになった。ここまでくるのに随分長い時間がかかったものだ」。
また、松下幸之助は「70歳からは自分の舞台だ。それまでは人の舞台だ」と言っている。

③蘭方医、杉田玄白(1733-1817)は孫ができたあと、63歳で後妻に子供をつくった。以後も色情豊かで「老木とて 油断めされな かえり花」と詠んでいる。有名な「蘭学事始」を書いたのは83歳であった。

④寿命だけ延びて年金や医療に安心設計のない日本では「老いてなほ艶(えん)とよぶべきものありや、花は始めも終わりもよろし」(斉藤史ー詩人)はまだまだ遠い。

⑤養護老人ホームの七夕の短冊で見た。87歳の女性は「あと1年、米寿の前に、恋うたう」。85歳の女性は「私の好きな男性が現れますように」。
⑥相田みつお「一生勉強 一生青春」

テーマ:癒しと潤いのある生活 - ジャンル:ライフ

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ