プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
今こそスパルタ教育を!
2012/07/29 [Sun]09:19
category:放言
大津事件以降、教育に対する関心が高まり、遠因・近因についての議論が活発になっている。
私自身学習塾を約20年間経営し、長らく二高校の奨学会や後援会の役員をし、両親も妹夫婦もまた親戚にも教育者がが多く、その経験・観点から教育を語ると、“鶏が先か卵が先か”議論が分かれるところだが、私は教育委員会に根本的な責任ががある。というのは、甘やかされて育った児童や生徒や親は、少し厳しい先生を委員会に訴えると、委員会は教師を守るどころか処分する。一般的には、ビンタをするような教師には教育に熱心な人が多い。
従って、公立の小学校、中学校の教師の間では、処分されてまでという無気力感が漂っているという。
部首には意味が多く、教育の教の旁(つくり)の攵はノブンといって、鞭でたたいて厳しく育てるとという意味だ。甘い優しい教育は教育ではない。そもそも教育委員には、、事務局が事務局に楯を突かない都合のよい複数の顔ぶれから、首長が選挙の功労者を選んでいる場合が実に多い。我が福岡県でも、麻生前知事が問題の多い人物を選び、イエスマンマンの多い県議会が満場一致で承認している。   (T)
『子どもの「助けて」ミニSOSレターが各地法務局に殺到』

 「兄ちゃん、姉ちゃんたちが皆で私をイジめて、ぶちまわすの」、「お父さん、お母さんがチョっとしかご飯を食べさせてくれない」、「お父さん、お母さんがチッともお小遣いをくれないの」---こういった”子どもの悩み”を訴えた「助けて」SOSミニレターが、Eメールや葉書、手紙などで、連日、各地の法務局に届けられ、司法当局はその処理に頭をかかえている。昨2010年度(2010年4月ー2011年3月)に届けられた、子どもたちの{助けて」SOSミニレターは、全国で計、2万3039通で、これはこの制度が始まった五年前の倍以上になる。今2011年度(2011年4月ー2012年3月)は、昨年度を上まわるコトは確実だろう、と司法当局はみている。「助けて」SOSミニレターを受け取った各地法務局は、即刻、これら被害(?)者の子どもが通っている小中学校に連絡し、児童虐待などの事実があるか、どうか、調べたうえ、ダレが見てもヒドい保護者のイジメなどにあっている小中学生は一時、児童相談所に入れ保護している。 (2/6) (R・H)

テーマ:学校での出来事 - ジャンル:学校・教育

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ