プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
次ぎの総理には?
2012/07/19 [Thu]06:52
category:放言
昨日、「いまの日本の首相にふさわしいのは誰か」続編>、参考までに。
昨年までトップの舛添要一 1.7% 野党第一党の党首・谷垣禎一 0.8 一時は飛ぶ鳥射落とす勢いの仙谷由人 0.4  若手のホープ細野豪志 1.3
小泉以後の安倍、福田、麻生、鳩山、菅のうち、安倍が5.7と頑張ったが、残りの4人の総理経験者は憐れ!0%。

医師や経営者など富裕層は兎も角、食うものも節約して塾に通わせ、名門高校や大学にいかせ喜んだのも束の間、老いた親も看ない不孝者が何と多いことか。価値観にもよるが、年金も怪しい今日、そんなお金があったら老後に備えるべきではないだろうか。   (T)
『進学、受験する子供の塾がよいなどに、親は年間平均、約32万円の出費、幼稚園から中小学、高校まで一貫・私立校に入れれば、公立校に行く場合の約3・4倍かかる』

 文部科学省が2月10日、発表した2010年度の”学習費調査”によると、わが子を幼稚園、小中学、高校まで一貫した”私立校”に通わせた場合、その一貫学習費総額は平均、1702万円で、どこか義務教育の”公立校”に入れた場合の学習費総額、年間平均、504万円の約3・4倍に上るコトがわかった。その学習費は、”私立”高校の場合、受験校が多く、庶民の子弟も多く行き、学習費も”公立”高校の約2・4倍だが、”私立”小学校だと、やや贅沢で”公立”小学校の約4・8倍かかる、という。子供を”私立小学校”に通わせる保護者は、高所得者が多く、年収1000万円以上の家庭の子弟が58・3%に上っている。


 一方、全国的に「義務教育の公立校・授業だけでは良い学校に進学できない」という風潮がミナぎっており、とくに中学、高校時代、放課後、学習塾に通ったり、家庭教師にみてもらう子供が非常に多く、諸学校に払う教育費のほか、塾、家庭教師などにむけ、子供一人につき年間平均、22万9612円 (中学三年生のトキはとくに多く、年間平均、32万1000円)を支払っているコトも、判明した。この対塾、対家庭教師の支払い額を、所得階級別でみると、子供が中学三年生の場合、年収1200万円以上の家庭で年間、一人、34万1000円。年収400万円以下でも一人、17万7000円を支払っている、と云う。以上は全国で公私立112校、その保護者、約2万3000人を調査した結果である。(2/11)  
(R・H)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ