プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
閑中閑あり。
2012/06/18 [Mon]09:10
category:日記
 生者必滅世の習いとはいえ林さんの逝去は片腕をもぎ取られたように、、日に日に寂びさが込み上げてくる。
名のない私のブログが、今日まで35万強もアクセスがあったのは、ひとえに林さんのお陰である。改めてご冥福をお祈りいたします。病気が小康状態の2月、3月お寄せ頂いた資料が沢山あるので当分使わせて頂きます。

昨日、北九州市立文学館 第11回特別企画展『没後50年記念 読み継がれる吉川英治文学ー巌流島決闘400年』開催記念
映画 「宮本武蔵 巌流島の決闘」上映会が井筒屋別館バステルホールであった。映画に先立ち、松永武さん(松永文庫室長)今川英子(文学館館長)の対談のあと上映。
映画は、吉川英治の新聞小説「宮本武蔵」(1935~39)を原作とする5部作の完結編。
吉岡一門に勝利した武蔵がさらなる修業を経て、宿敵・佐々木小次郎と巌流島で相まみえるまでを描く。
監督・内田吐夢  武蔵は二十代の中村錦之助 対する小次郎に若き日の高倉健、上映時間約2時間、迫力に息も吐かないほどであった。

帰宅後、録画していた“たかじんのそこまで言って委員会”を見たが、主役の三宅久之氏が前回に続き休んでいたのにガッカリした。たかじんが退院して出演するまで引退しないと言っていたのに・・・。

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
お初にお目にかかります。
はじめまして。
市立文学館の講座には出ていたくせに、見逃してしまった上映会の様子を検索しながら、
ご当地に辿り着きました次第です。
愉快痛快な一刀両断っぷりに腹を抱えました。
当方60年代生まれにして「アカ」にも「ウヨク」にも成りそこなった軟弱者ですが、
これをご縁に時々覗かしていただきます。
ますますのご健闘を期待します。
                                  ご自愛ください。では又。
【2012/08/10 20:27】 URL | おりおなえ #- [ 編集]


林様のご冥福心よりお祈り致します
【2012/06/19 16:11】 URL | 山麓 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ