プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
消費税増税に怒り。
2012/06/06 [Wed]08:54
category:放言
 昨日は数ヶ月ぶり、アクセスが200を越して257になった。
それもそのはず、noga氏の 『 this way』 伴睦氏の『「国策転換」を図れ!』 やじうま氏の『元気、元気 巷の囁き』とご三方の実に高度で専門的な格調高いコメントがあったからではないだろうか。是非ご必読戴きたい。

一昨日、野田第二次改造内閣が発足したが、防衛相に拓殖大学教授・森本敏氏の起用以外みるべきものが全くない。
私が摩訶不思議に思うのは、野田総理が、『税と社会保障の一体改革』に政治生命をかけ、消費税増税に血眼になっていることだ。
そもそも野田総理の増税の発想は、財務官僚のマインドコントロールによるもので、2年前の総選挙でなんといってきたか。『コンクリートから人へ』 『官のムダを省け』etcの上、隠し財源があるから増税しないと、声高々に国民に約束しながら、人口が大幅に減少するというのに、八ッ場ダムの再開、新幹線3線の着工、高速道路の4車線化の復活など、まさに官僚の言いなりではではないか。議員や公務員の定員や歳費や給料の削減などどうなっているのか。
やるべきこともやらずに、増税することは何事か、“怒髪天を衝く”怒りを覚える。

テーマ:消費税増税・復興税 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)
この記事に対するコメント
お久し振りです
R H さん お亡くなりに、なられたんですね。今までブログ読ませて頂くのが、楽しみだったのに世界の情報から、政治、経済、芸能関係、身近な周りのニュースまで、事 細かに良くここまで調べたものだと,感心して毎日読ませて頂いたのに、此れからはもう RHさんの面白いブログが、読めないかと思うと 寂しくてとっても残念です。ご家族の方も どんなにか 残念で悔しいことでしょうね。お悔み申し上げます。私も他人ごととは 思えないほどショックで寂しいです。Tさんも RHさんのブログが頼りだとおっしゃってましたが、ショックでしょうね。でも今までの経験を生かして、これからも面白いブログ ずーっと書き続けて下さいね、私もTさんのフアンの一人です。
【2012/06/14 13:58】 URL | 田中治療院 #- [ 編集]

黒崎一の美人妻さんへ
ホントに久しぶりにコメント読みました 今回のコメントはチョット 物足りない
翁に云って下さい RHさんの、時間切れのコメントは 気の抜けたビール
もっと 自分の周り 地元の事等 書くようにハッパかけてください 貴女の最初のコメント
未だ、小生の頭に残っています 翁に、カツを入れてもらって、もっと痛烈な批評をお願いします
それと北橋市長 今度のゴミ引き取りは、同じ日本国国民なら当然、理解できるが 今回の市長の動きは 冷静に見ていると パホーマンス過ぎます 市長には、当選後の八方美人ぶりが目に付いていました。この2.3日のテレビ登場、次回の選挙を狙っての事か? 
今少し、北九州市の事 考えたら如何かな 特に黒崎駅周辺の寂れよう、今度、あの、コムシティに就いて考えられている様子 しかし、遅すぎます 翁よ ご貴殿は この コムシティでは、大変な損害を被った一人と聞いています 書きなさい 戦いなさいーーー陰ながら応援してますゾ
【2012/06/12 08:54】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]

黒崎一の美人妻
私くし(黒崎一の美人妻)久しぶりです、緒方林太郎衆議院を落選させる会に賛成です。婦人団体の会合でこの運動をひろめたいと思います。理由はいろいろあります。北橋さんは私の周囲もみなさん支持者ですがこのひとはだめです。民主党の失格者です。
【2012/06/08 20:58】 URL | 八幡西区有志の会 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ