プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
怒髪天を衝く。
2012/05/10 [Thu]09:16
category:放言
今回で三回の東京地裁の無罪判決に対し、指定弁護士3人の控訴は、政治的匂いがプンプン“疑わしくは罰せず”という司法界に、東京高裁は新証拠の提出がない限り、恐らく無罪の判決ではないだろうか。
よくよく考えてみたら、この控訴という引き延ばしは、完全な時間とエネルギーのロスだ。そんな時間とエネルギーがあったら、官民挙って東日本大震災に苦しむ被害者を救済すべきだ。 そもそも弁護士という職業は、被告人を、黒を白と屁理屈を述べて、減刑とか無罪といった救済する使命があるとおもうが、法律とはいえ、弁護士が被告人の罪に陥れるため控訴するとは何事か。弁護士の風上どころか、風下にもおけない人間だ。人間失格だ。怒髪天を衝く猛烈な怒りを感じる。この背後に強力な圧力があるのではと思わざるをを得ない。このブログを書いている途中、親友の一人・熱血漢のMさんから電話があって、今回の不毛な控訴に私と全く同じ怒りと、それに加えて、議員の海外派遣費が4.5倍の20億円の報道に怒り心頭に発していた。  〈T〉

『「君は独裁者ヒトラー二世だ」、「No!、アンタこそジャーナリズム、球界に君臨する独裁者ですよ」と、ナベツネ読売グループ会長と橋下徹大阪市長(維新の会代表)とが”角・突合せ”』

 「君は、戦前、戦中、ドイツを支配した独裁者、アドルフ・ヒトラー二世じゃぁないか」、「絶対にNo!!,今の独裁者とは、ジャーナリズム、野球界のみならず、政財界さえ動かす”帝王”アナタのことですよ」---次期衆院選を前に、激しい口調で、ナベツネこと渡辺恒雄・読売新聞グループ会長・主筆兼巨人軍ジャイアンツ会長(85歳)と、橋下徹・大阪市長兼「大阪維新の会」代表とが、角、突き合わせてヤりあった。

 ナベツネ会長は、文芸春秋四月号に一文を寄せ、先般、朝日新聞に出たインタービュー記事のナカで、橋下氏が「いっぺん選挙で国民から市政、府政、国政をマカせられたら、一種の白紙委任のようなモノです」と云った発言をとりあげ、「オレに全権を委譲せよ、と云っているのと同じで、ファシズム、ナチズムの元祖、アドルフ・ヒトラー(ドイツ)総統そっくりだ」と、非難した。これに対し、橋下市長は3月18日ずけの自分のツイッターで、次のようにキビしく反論した:-----「事前に有権者と、キチンとした了解(契約)さえあれば、政治家は、不測の事態に対し、チャンとした対応が出来ます。僕らは、市議会やマスメディアから始終、監視されています。ナベツネさんこそ、ジャーナリズムの世界や野球界はモチロンのこと、政界や財界に対しても、”堂々たる独裁者”ぶりを発揮されているのではありませんか」。
(3/19)    (R・H)

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ