プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
『憲法改正の歌』
2012/04/05 [Thu]07:08
category:放言
『憲法改正の歌』      作詞  中曽根康弘   
  一、嗚呼戦いに打ち破れ
     敵の軍隊進駐す
     平和民主の名の下に
     占領憲法強制し
     祖国の解体計りたり

   二、我が憲法打ち立てて
     国の礎築くべき
     歴史の責を果たさんと
     決意は胸に満ち満てり
   
   三、国を愛する真心を
      自ら立てて守るべき
      自由と民主平和をば
      我が憲法に刻むべし
 
          
            産経新聞からの転載 
新憲法発布の頃は東京の学生時代で、若気の至りで共産党で活躍していた。
いまでも強烈に印象に残っていることは、共産党も社会党も「軍隊なき国家は国家ではない」と猛烈に反対したのに、それが何時のまにやら“平和憲法守れ”に豹変したのに驚いた。
この変節が、私は社・共の衰退の大きな原因の一つだと思っている。、
   (T)

テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
憲法改正は必然的な成り行き、現行・日米安保条約も大改定か破棄へ、これに代わるNATOのような多国間の安保条約機構を
巷間、欧米の地政学、戦略論に通暁するといわれる新鋭学者、奥山真司氏は雑誌「月刊日本」の近刊号で、日米両国の論調から見て、現行・日本国=”平和(?)”=憲法の廃棄と新・自主憲法の制定が必然的な成り行きで、同時に現行・日米安保条約も大改訂か破棄に持ち込まれ、日本は自主的な”核武装”に追い込まれるであろう、と論じた。すでに今度の米大統領選挙で、野党、共和党の一候補であるロン・ボール氏は、在日米軍の撤退を含む日米安保条約・大改訂を提案しており、こういうコトが当方側で一方的に積み重なれば、アジアはライバル”核大国”中露両国の極端な優勢というコトにもなりかねない。僕は、中国南下の勢いに脅える東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国やインドと手をむすび、もちろん米国も含めた多国間の安全保障条約機構を確立すべきだ、と考える。西欧に六十年ちかい歴史を誇る、多国間・安保条約機構の”先輩”格、北大西洋条約機構(NATO)は、二十八加盟国のナカに、”核保有国”の英仏両国も入れている。しかも、その連合軍総司令官は創設以来、ズッと、米国の将官である。
【2012/04/05 13:58】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ