プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
日本を凌駕か?
2012/03/07 [Wed]08:16
category:放言
『ひた寄せる”韓流”の波に吸いつけられて渡韓し、はや半年ちかくソウルなどで”物もらい”などをして、ギリギリ日々の暮らしをしながら、韓国から離れらえない日本人女子大学生(21歳)』

 とうとうたる”韓流文化”の波に浮かされて、観光旅行の名目で渡韓し、ソウル、釜山などの街並みを、ブラブラ周遊中、格好の良い韓国青年に魅せられたらしく、ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)の観光ホテルから昨年9月初め、姿を消したまま、ビザ(出入国査証)の期限も切れて、法的には不法滞在者で、日々の暮らしは”物乞い”などをしながら、ギリギリ最低の飲食生活をしている日本人女子大学生(21歳)がいる、とインターネット通信のNiftyニュースが3月6日、大きく伝えた。ソウル市警など、韓国の警察当局も、昨年秋は強盗団などに誘拐、脅迫されているのではないか、と大捜査陣を張っていたが、冬口になって、”韓流・大好き”で、自分の意志によって滞韓しているモノと判断し、すくなくとも大捜査網は取り止めた。

 韓国の大マス・メディアはいぜん、この日本人女子大学生の行動には関心を持っている模様で、大見出しで「失踪・日本人女子大学生、日本人観光客にガツガツ乞食して、日々を生きる」などと、伝えたが、一部には路頭で彼女が韓国人・通行客にも”物乞いしている、という情報もある。彼女に金品をメグんだ日本人観光客のナカには、日本への帰国を勧める人も少なくないようだが、日本人女子大学生は「私は韓国が大好きなんです」と拒み続け、逆に彼らをビックリさせているという。まだ携帯電話等は持っているらしく、インターネットを介して、チョっと知った日本人観光客らから、約300万ウオン(約21万8000円)を観光客から借り入れたが、これを返却したという記事は出ていない。

 なにしろビザの滞韓期限は切れ、法的には”不法滞在者”の身なので、心配した日本の両親たちは渡韓し、在ソウル日本総領事館にも協力を要請し、この日本人女子大学生の行方を探しているが、彼女は一定箇所の長期定住したコトはなく、ソウルなど、大都市周辺の”安宿”を転々としている模様で、まだ在所をハッキリつかめていない。
(R・H)
また聞きだが、韓ドラにはまったご婦人の話によると、一度見始めると面白くて夜中の2時、3時までなり睡眠不足になるそうだ。日本のドラマは、韓ドラに比べて実に幼稚で見ておれない。ドラマの筋もそうだが、出てくる俳優が男はハンサム、女は美人。何と云っても心が躍動するのは、物凄く優しいのに痺れるそうだ。ビデオやCDは同好の士の間で回し見るのでネタが切れることはないとのこと。
“負うた子に教えられ”あらゆる面で韓国は日本を凌駕(りょうが)か?  (T)

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
時代
 韓国 以前 霞が関ビルにあった三星物産の支店長に何度か会う機会があって
話をしていたが、話題に、日本は援助(韓国にたいして)していると云うが、コメなんか犬も食わん様なやつを呉れていると云った話を良く聞いたものだ そしてソウルの経済通信社の社長を紹介されて何度も訪韓したが、時代と共に変わってきた 当時の韓国では 儒教のせいで 親子の間や、年長者の前では、礼儀作法がしっかりしていて、 例えばタバコは吸わないとか 色々な仕来たりが守られていた そして徴兵制度等 自分たちの子供の頃の日本だった 最近は韓国も変化して来たらしいが、ある将軍にあって話をした時 今の日本の自衛隊など 韓国軍に攻められたら、一溜まりもないでしょうと言ったら 冗談じゃない、日本に攻めたら 全部 玄界灘で沈められて 日本に一人も上陸出来ないという 当時の話だけど 日本の潜水艦がそれだけ、素晴らしいと云う事だったが、今、終戦前に、「お国の為」と敵艦に突っ込んで命を落としていった青年は
現在をどう 見ているだろう 今は、男がイァリングする時代 親子が平気で殺しあう時代 かわったよナ 淋しすぎるネ
【2012/03/07 14:49】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]

わが国・敗戦の直前、チョっとサボったからといって、造船所正門前に正座し、ヒト目にさらされていた韓国人・徴用工
”乞食”にまで身を落としても、韓国にシガみついている日本人・女子大学生(21歳)のニュースから、ふと思い出したのは、今を去る六十七年前、わが国・敗戦の直前、大阪港埠頭にちかい桜島造船所正門前で見た、20歳前後、韓国人”徴用工”たち十数人が”正座”、”謹慎”させられ、ワザとヒト目にさらされて大恥をカカされていた風景である。われわれ高専生も”勤労動員”されてはいたが、デスク・ワークが多く、遠く朝鮮半島の農山村から、一片の”徴用令状”で強制動員された韓国人青年ほど、ヒドい扱いは受けていない。彼ら韓国人・徴用工たちは、ここ造船所が昼夜不眠でつくっていた”神風(神雷?)特攻”用、特殊潜航艇のビョウ打ちなど、シンドい肉体労働を強いられたのであろう。この造船所にも、監視官の憲兵将校が常駐していたが、彼らの指示もあって、チョっとサボリしていた韓国人徴用工を引行、拘束し、こうした”恥さらし”の刑に付したのではるまいか。あの日本人・女子大学生の韓国シガみつきは、自発的意志からだと思うが、異国で”物乞い”にまで身を落とした彼女のコトを聴くたびに、敗戦直前、日本の公権力がおかした”罰”への仕返しのような気もしてくる。あぁー、ここでも”罪と罰”が一転、再現するとは・・・・・・。
【2012/03/07 10:04】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ