プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
冷静な判断。
2012/01/27 [Fri]08:53
category:放言
『チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ十四世が「必ずしも”反原発”、”脱原発”の運動、風潮に賛成しない」と言明、大震災後の東北各市における大法要で祈禱後に』

 チベット仏教の最高指導者で、現在、インドに亡命中のダライ・ラマ十四世は今月はじめ、日本を訪問し、石巻、仙台、郡山などの各被災市で大法要を催し、日本の僧侶らと般若新経などを唱和し、東日本大震災の犠牲者を弔ったが、東京で11月7日、開かれた記者会見では、同大震災後、東電福島第一原発事故をキッカケにして、日本各地で澎湃(ホウハイ)として湧き上がっている”反原発”、”脱原発”の運動、風潮に対して「モッと広い立場から世界を見ていると、これらの運動、風潮に、必ずしも賛成できない」との態度をしめした。もちろんダライ・ラマ十四世も「原子力を軍事的に開発、利用し、核兵器で世界を破壊する」ことには、反対を表明したが、「原子力を発電用など、平和利用することは、それと全然ちがう。所要コストがずっと安くつく」など、経済的な理由などから、とくに貧しい開発途上国では「原子力発電をモッと推進すべきた」と述べた。J-Castニュースなどが伝えるダライ・ラマ十四世の発言要旨は、次のとおり。

(1)原子力発電以外の発電方式では、水力発電はダム建設などで間違いなく自然を破壊し、火力発電は有害なガス等を発生させて人々を苦しめる。太陽、風力、地熱などのような自然代替エネルギーの開発、利用は、今後、解決すべき問題が多く、時間と費用がかかる。原子力発電は比較的、コスト安で、我われの電力需要を満たすことが出来る。
(2)しかし原子力発電に放射能危害など、多くの問題点があることは、否定できない。原子力発電に際しては、安全問題にモッと配慮して、十分、対策を立てて置くべきだ。
(11/7)
(R・H)
流石、世界最高の宗教家の一人だけあって、世間の動きに付和雷同するこなく実に冷静な判断だ。
 通常国会が始まって、総理の施政方針、野党の代表質問があったが、余りにも空々しく聞くに絶えらなかったいのでチャンネルを切った。
貿易収支が31年ぶりに赤字に転落したが、昭和30年前後はこの貿易収支に一喜一憂し、株価に大きく影響をしたものだ。これは政局以上に重大だ。  (T)

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ