プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
あゝ悲しい哉!!童貞エレジー。
2012/01/25 [Wed]08:43
category:メール
『あ-可哀そうな(?)童貞者のラブ・ソング、童貞純愛小説「セカチュー」は単行本だけで300万部以上も売れた、いま童貞者(?)むけ雑誌は自費出版の「恋と童貞」があるだけ』

(上略)「あートキめいて 涙ながしても ショッぱい青春の日は戻らない、さぁ歌おうぜ 馬鹿になっても唄おうぜ、(中略)「一発やるまで死ねるか!!、一発やるまで死ねるのか!!、一発やるまで死ねるんか!!!、(下略)「さぁ 出来るなら あの娘(コ)を抱いてみたい、何処へも行かず、そのままで寝顔を見ていたい、
願いが叶(カナ)うなら あの娘を抱いてみたい、
口ずさむ このメロディ、天まで届け このメロディ 永遠に・・・・・」
セミブルジョア家庭に生まれながら、東京情報大経営情報学部を卒業後、ロックバンドGoing Steadyを組織して、今も活躍しているミネタ・カズノブの作詞、作曲 「童貞・ソー ヤング(So Young)」の一節である。2007、8年ごろ、チョットと流行ったが、かなり性体験・未経験者、いわゆる童貞でいる若者たちの気持ちを表現している、と思われる。

 国立社会保障・人口問題研究所の資料をモトに、”好き者”のあるブロガーが、オトコの年代別・童貞率を推計してみたところ、日本男性の童貞率は、18-19歳間の65%から、20-24歳間の35%、25-29歳間で18%、30-34歳間で10%へと、ストーンと落ちる。常識どおり日本のオトコは二十歳代後半までに「童貞を失う」モノが大半だ。「童貞のよいトコロ」は、上記の歌詞のように、恋する女性を一人にシボり、純愛を捧げる点で、九大農学部の大学院で、農政経済学科の博士課程まで卒えた片山恭一氏(52歳)が十数年まえに書いて、小学館から刊行した「世界の中心で愛をささげる」がその典型。2001年の初版以来、版を重ねて単行本だけで五年間に300万部以上、売れた。この書名は「セカチュー」と縮められて、国じゅうに拡まった。いま「セカチュー」は小学館文庫に入っており、発行部数は多すぎて分からない。作者、片山氏は今も福岡市東区に住んでいるが、「セカチュー」の舞台は彼の生まれ故郷、宇和島市(愛媛県)だ。

 童貞者むけ(?)の雑誌としては、講談社が1979年、発刊した旬刊誌「Hot-Dog Press」があるが、販売不振で月刊誌に代わったものの、やはり減り続けるので、2004年には休刊した。「Hot-Dog Press」で人気があったのは、連続漫画「モテ期」で、これはモテない某契約社員が勤め先で、処女の派遣オンナ社員とプラトニックラブをした「モテた時期」のおハナシだった。現在、童貞者むけ(?)に、東京・新宿の特定・書店に並べられているのは、大学の卒業論文に童貞問題を取り上げたという”非・童貞者”小野和成さんが、趣味で自費出版しているミニコミ誌「恋と童貞」ぐらいで、同誌は第一号が昨年8月、第二号が今年4月、それぞれ数百部、出版されているだけである。(11/19)
(R・H)     

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ