プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
政界再編の動き、急?
2011/12/30 [Fri]09:43
category:放言
『”若手”衆院議員9人の民主党・離党に続き、小沢一郎氏系統を中心に約90人が脱党か、日刊ゲンダイが報道、夕刊フジは「来年三月の衆院解散もあり得る」』

 衆院当選三回組では千葉7区選出の内山晃氏(57歳)=前総務政務官=が一人、当選二回組では東京比例ブロックの渡辺浩一郎氏(67歳)ら二人、当選一回組では宮城2区選出の斉藤恭紀氏(42歳)ら六人、計、九人の民主党”若手”衆院議員九人が12月28日昼前、ともに樽床伸二民主党幹事長代理に対し、離党届を提出した。鳩山由紀夫グループの斉藤恭紀氏以外は、八人すべてが小沢一郎元民主党代表の系統に属し、すでに民主党籍を捨てている、北海道12区選出の当選三回組、松木謙公氏(52歳)らとともに、新党立ち上げの準備に入るモノと見る向きが少なくない。彼ら内山、松木両氏らのグループは、野田佳彦現首相らが、財務省の既定路線に乗って、国家財政破たん予防を理由にして”増税”路線に突っ走ろうとするのを、明らかな”政権交代時”における民主党公約違反ではないか、と非難している。野田現首相らの”増税”路線を快く思っていない”同志”は民主党内に多数、存在し、そのうち約90人がちかく民主党を脱党し、彼ら先行・離党組と合流するモノと、東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイは12月28日夕、報じている。

 ”年明け国会”は、野田佳彦首相の”増税”-財政赤字補てん提議などをめぐって、大荒れになる見通しが強く、12月28日の夕刊フジは石原慎太郎=橋下徹両知事らの”地方勢”総決起もからんで、政界大再編や、自公両党による野田現内閣問責案提出や、与野党”話し合い”も含めて”三月・衆院解散”もあり得るとの予測も、伝えている。ただ、人気低迷の野田佳彦総理(54歳)と同様、野党、自民党の主、谷垣禎一総裁(66歳)に対しても、これといった国民的人気が沸かず、これら野田、谷垣両氏の代わりに、上記、石原、橋下両氏のほか、たとえば民主党からは前原誠司政調会長(49歳)、玄葉光一郎国家戦略相(47歳)、細野豪志原子力問題相(40歳)、枝野幸男経済財政相(42歳)らを、他方、自民党からは石破茂政調会長(54歳)、河野太郎元党幹事長代理(48歳)、林芳正元経済財政相(50歳)らを両党首格に立てて渡り合う可能性も論じられている。ヒョッとすると、民主党は小沢一郎元代表(64歳)、自民党は安倍晋三元総理(57歳)のような、Old Boysを復活させて”対決”するコトも、あり得るかもしれない。    (R・H)
歳をとると、昨日新年を迎えたのような気がしたのに、明日で平成23年が終わり『光陰矢の如し』が実感される。時間もさることながら、身体が日に日に衰えを感じる。R・Hさんの協力を得て、老いに負けず健康が許す限り、ブログを書き続けたい。
上記の政界の動向も、橋下徹、河村たかしが中心になった政界再編をしない限り、大同小異、、隔靴掻痒(かっかそうよう)絵に描いた餅に終わるような気がしてならない。   (T)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
世界に冠たる皇統連綿2700年の”日本帝国”存亡にかかわる大問題
以下は、皇統連綿2700年の”日本帝国”の存亡にかかわる大問題なので、敢えて書く。

第一は”皇祖皇統”次世の皇位にお就きあそばされる方の”お妃さま”がわが(女)児可愛いさのあまり、学習院に特別待遇を”強請”されたほか、訪日外国元首のへのレセプション、新年お歌会、宮中三殿での祭事など、公事を恩病気の理由で、一切出席なさらい重大事である。もしこういう御方が”国母”陛下の玉座に就かれ、公事には一切、お顔を出されずずに、私事にご専念あそばされるとしたら一億国家の運命はどうなるか。

第二は、モッと軽い話題だが、我が皇室がお招きした他国の国家元首陛下ご夫婦を”お笑い”のネタにしたという由々しき問題である。ヒマラヤ山脈の東端にある人口80万のブータン国王、ジゲメ・ケデル・ナムゲ・ワンチュク国王陛下ご夫妻が問題の御方デ、コトもくあろうか、わが国でも右寄り視されているフジ・テレビが12月28日夜の「笑っていいとも、2011年大特集」で、「劇団おひとりさん」とグル-プAKB(秋葉原)の一人と組んで、チョッと変わったブータン衣装をまとい、終始、茶化した道化者化した”お笑い芸”にして演じ、爆笑を誘ったが、テレビで見ていた視聴者からは「不敬きわまる」とか「間接的に国賓として招待された皇室をバカにしている」とかいった書き込みがインターネット上に乱れ飛んだ。日本製テレビ劇を棚上げして韓流ドラマ偏重のソシリに次ぐ”国辱”をサラケ出したフジ・テレビはこれを、どう結末つけるか。ちなみにワンチュク国王陛下ご夫妻は3・11東日本大震災の翌日、国家的大法要(ブータンの国教は仏教)を営まれ、義捐金100万ドルを御寄付なされたうえ、さる11月御訪日の際には、御みずから福島県下、原発事故ちかくの小学校を御訪問、御激励なされている。

【2011/12/30 16:05】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ