プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
怒りと微笑み。
2011/12/10 [Sat]07:53
category:放言
『「官高民低」、人事院の減額勧告を棚上げして、一般行政職・平均、61万7100円の国家公務員ボーナスが一斉に支給さる、総理大臣は532万円』
 
読売新聞と夕刊フジは12月9日、人事院の減額勧告を棚上げして、一般行政職、平均年齢、35・8歳で、一人あたり平均額、約61万7100円という”冬のボーナス”が全・国家公務員に対し、一斉に支給された、と報じた。昨冬のボーナスより約4・1%、金額にして平均、約2万4200増えている。人事院はかねて国家公務員の給与を、平均、0・23%、引き下げるよう勧告していたが、官公労等の圧力で、この勧告は棚上げされている。みずほ証券などの調べでは、従業員3人以上の民間企業では、ボーナス平均額が被雇用者一人あたり、37万8000円で、お役人は民間人の約1・7倍も、ボーナスをいただくという「官高民低」も極まったカタチである。国家公務員でも、極上ボーナスの最高額は、総理大臣と最高裁長官の各532万円。ヒラ閣僚は各388万円、各省・府の次官は各301万円、局長クラスは各229万円である。

 他方、通販などの「楽天」が12月1,2両日、通販登録者のうち、20-59歳の男女、約1000人にたいし、インターネットでボーナスの使途をアンケート調査したころ、預貯金が67・7%、過去の生活費補てんが43・5%で、旅行やレジャーに使うと答えたモノは40・0%と少なく、車などの購入に充てると答えた”ゆとりぶり”を見せた者は5・7%と、ごく少数だった。
  (R・H)

稀代の名投手だった父は”現役”引退を表明、チビッコ・ゴルファーだった長女は新人プロ女子ゴルフ戦で優勝、工藤家にとって忘れえぬ一日

2011年12月9日ーーーーこの日は、一家みんなプロ・スポーツ選手か、そうなりたいと思っている工藤公康さん(48歳)一家にとって、生涯、忘れえぬ特別な記念日になるであろう。何故なら、この日、稀代の名投手として鳴らした父、工藤公康氏は、三十年ちかいプロ野球の”現役”から身を引く意志を表明し、反面、長女・遥加さん(19歳)は、新人プロ女子ゴルフ戦で優勝し、ゴルフ界に新スターとして登場して、親子まことに対照的な”相関図”をえがiいたからである。

父・工藤公康氏は名古屋市営バスの運転手の子として生まれ、名古屋電気高校を卒業後、ただちにプロ野球界入りし、西部を中心にダイエー、巨人など、四球団を渡り歩き、強い変化球を得意とし、”球界の軽業師”の異名をとって、三十年ちかくも現役ピッチャーであり続けた。今秋も横浜DeNA・ベイスターズの初代監督に擬せられながらも、巨人出身の同チーム、ジェネラル・マネージャー(GM)高田繁氏との折り合いが良くなく破談。12月9日、”現役”プロ野球引退の理由を、いちおう”肩の痛み”にしているが、真相は不明。今後は野球解説者、同指導者として”第二の人生”を歩むらしい。

これに対し、長女の遥加さんは、幼児のころから父、公康氏の”余技”ゴルフを見、聞きし、チビッコ・ゴルファーとして育ってきた。12月9日、千葉グレートアイランド・カウントリークラブで開かれた加賀電子杯・女子コンペは、プロ女子ゴルフ新人戦としては、最も難しい戦いとされていたが、遥加さんは初出場ながら、見事、優勝の栄冠に輝き、108万円の賞金をも獲得した。プロ野球選手の子弟・プロゴルファーとしては、元ダイエー名投手として有名な東尾修氏の長女、東尾王里子さん(36歳)らもいて、今後は内外各地でその技を競うコトになろう
。   (R・H)
『官尊民卑』日教組出身の興石東氏が与党の幹事長。多くの民主党の議員は官公労の支援を受けて当選したからには、親方日の丸・公務員に甘いのは当然だ。私の家の前の公立高校では、朝7時前から校門指導しているが、一般的には怠け者が多い。
【栴檀は双葉より芳し】の諺通り、カエルの子はカエルだな。 
今日のR・H氏のコメントによると、橋下市長、松井知事は、20日小沢一郎氏と会談するそうだが、根底に新党結成の含みがあるような気がしてならない。 (T)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
橋下・新大阪市長、松井・新大阪府知事が今月20日、上京、小沢一郎氏と会談、石原慎・都知事とも?、”大阪都”実現への要請、”政界再編”の新布石かも?
読売新聞は12月10日、大阪市の橋下徹新市長が市長就任の翌12月20日、上京し、民主党”反主流派”の巨頭、小沢一郎元同党代表と会談することになっている、と報じた。松井一郎・大阪府新知事も同行する。先月の大阪府、同市長ダブル選挙で、橋下市長が代表、松井知事が幹事長に就任している「大阪維新の会」が双方とも大勝しており、同「維新の会」の公約である”大阪都”実現や電力料金値上げ阻止などのため、小沢一郎氏に協力を要請するのが、今回・上京の主眼だが、巷間、伝えられる”橋下=小沢(=石原)新党”の動きとも絡み合わせて、”政界再編”への一新布石を打つ可能性も、ないではない。橋下、松井両氏は、すでに石原伸晃・自民党幹事長との会談も時日調整中で、伸晃氏の父、石原慎太郎・東京都知事との会見も、あり得ないコトでなかろう。
【2011/12/10 12:27】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ