プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
壮絶な死を悼む。
2011/11/25 [Fri]08:58
category:日記
『「立川雲黒斎家元勝手居士」--談志師匠が自らつけたおハカの戒名、「壮絶かつ見事な、生きざま、死にざまだった」と、石原慎太郎都知事が惜別の辞』

 「立川雲黒斎藤家元勝手居士」(タテカワうんこ臭いイエモトかってコジ)---享年75歳で11月21日、喉頭ガンにより死去した、落語界の”革命児”立川談志師匠は生前、こういう戒名を自らつけていた、とあの朝日新聞まで同月24日、報じていた。豊かな古典落語の伝統と、西欧風に近代化された現代・日本のオシャレ・イズムとを、見事に織りつないだ談志師匠が死を自覚してからも、こういうユーモア感覚をいだいていたコトには驚かされる。

 談志師匠の遺族が本当にこんなシャレのめした戒名のオハカをつくるか、どうかは、今後の問題だが、生前、何ヵ月も前から、死に至る病い、喉頭ガンノコトを知っていた談志師匠は、ノドの手術をすすめた医師の勧告に対して、「本当の”談志の声”を残しておく方が重要だ」と云って、応じなかった、という。いずれはヤッテ来る死を自覚し、心の用意を整えていた模様だが、この夏、お見舞いに病院を訪れた愛弟子、立川志の輔(57歳)と、筆談でカワしたという遺言(?)もまた振るっている。生き返ってきたら、「おxxこ」 したいと、”放送禁止用語”でシャレのめしていた、と夕刊フジは報じている。

 長年親交があった俳優の小沢昭一さん(82歳)は、「談志師匠は”ぬるま湯”のような落語界にツカって、眠ってしまうのがイヤだったんでしょう。”落語城”に対し,攻めを重ねて、華々しく戦死した人ですね」と、讃嘆する。”毒舌居士”の石原慎太郎・東京都知事も「壮絶かつ見事な生きざま、死にざまだった」と、讃嘆の声を惜しまない。
(R・H)
【謹んで談志師匠の壮絶な死を悼む】
しかし遅かれ早かれ、みんな死んでいく身だ。私も眠れぬ夜は、どんな死に方するのかなとおもう。
小学三年生の頃、風邪で寝ていて、リンゴを喉ににつまらせ幽冥の境を彷徨ったとき、お手伝いさんが“坊ちゃん、どうしたの”と胸を叩かれ生き返ったことがある。死ぬ寸前の境地は、菜の花畑を夢うつつに、とぼとぼと歩いているように猛烈に気持ちがよかった。交通事故で死の寸前から生き返った今は亡き、人生の先輩のHさんも、全く同様なことをいっていた。   (T)

テーマ:どうでもいいって言えば良いんだけどね - ジャンル:その他

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
立川談志師匠は意外にケチで、10億円の遺産を残したとか・・・
立川談志師匠の壮絶かつテンタンたる御最後には、在京各紙とも讃辞で満面、うめているが、東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイは11月25日、談志師匠が意外にケチで、料亭などにおける飲食を避け、ウチで、家族による手料理を食べ、”食べ残し”を極端に嫌っていた、と報じた。”家族思い”の談志師匠は、極力、おカネも貯めようと努力し、いつも自宅の金庫には、現ナマ1億円が入っていたとか。今後、談志師匠追悼の落語DVDも出るだろうから、それによっても、遺族はさらに、かなりの収入を得られるハズだという。不動産も沢山、お持ちだった模様で、東京・根津の自宅マンションのほか、銀座、新宿などにも、それぞれマンションを確保し、東京・練馬区には一戸建てを持っていた由。談志師匠が残した遺産は、動産、不動産しめて10億円を下るまい、と日刊ゲンダイは推定している。
【2011/11/25 15:35】 URL | R・H #- [ 編集]

83歳・老推理作家の「死にたい」願望、50余日間、”間断的・断食”をやってみたが、死に切れず・・・・
壊れかけた我がパソコンでインターネットをアチコチ、たぐっていたら、木谷恭介という大阪府生まれで、僕と同年、83歳の、そう有名でもない推理作家、ラジオ等のシナリオ執筆・脚本家による「死にたい老人」という幻灯舎新書の紹介、批評にブッツかった。かなり同感するところがあったので、その梗概をお伝えする。

この木谷老人。老いさらぼえて、身体の自由が利かなくなり、男としての機能も役を果たせず、余生を楽しむコトに絶望した。かと云って、三島由紀夫のように”華々しい自決”をする決断力も勇気もない。とりあえず、誰にも迷惑をかけず、緩やかに”黄泉の国”の国へ旅立つ”間断的・断食”による自死を決意。これを始めてみたところ、頭痛痛や口中の渇きなどを覚え、ときどき医者通いするコトにあいなった。他方、テレビでグルメ番組を見ていたら、猛烈な食欲に襲われ、レストランへ行って、たらふくステーキ等を食べてみたら、猛烈な腹痛に襲われ、また病院行き。一ヵ月以上、”間断的・断食”を続けると、”死への願望”と、同時並行的に”死への恐怖感”も生まれて来た。五十余日にわたる”緩やかな自死”決行は、かくして頓挫、失敗・・・・。

【2011/11/25 11:52】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ