プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
ここまで進んだ性の自由化。
2011/10/30 [Sun]08:19
category:放言
『ヤングレディの性初体験は大学生時代、そのころのセックス・パートナーは複数が圧倒的多数、オナニー実行者は増えるばかり、An Anの調査結果』

 ヤングレディむけの雑誌、An Anは今秋もセックス特集号を出版したが、セックスに経験があるヤングレディ、300人にその実態をアンケート調査したところ、性行為の初体験は、18歳から21歳までの、いわば大学在学時代に経験した女性が多く、結婚前に体験したセックス・パートナー(男性)の数は圧倒的多数が複数だった。淋しいときに一人エッチ(オナニー)する数も年々、増加の傾向にあった。以下はその大要。

<<1>>性行為の初体験年齢
     15歳以下=5%、16-17歳=12%、18-19歳=35%、20-21歳=28%、22-23歳=14%、24-25歳=5%、26歳以上=1%。

<<2>>結婚前、性行為したセックス・パートナー(男性)の数
     1人=19%、2人、4人そして10人以上=各 15%、3人=9%、5人=5%、6人=2%、7人=3%、8人=4%、9人=3%。
     (同誌は”婚前”セックス・パートナーの平均数は5・2人、最多の場合で25人と推定している)

<<3>>一人エッチ(オナニー)をやっているか、どうか
    「やっている」 88%、 「やっていない」 11%
   
 (同誌は自慰する女性は年を経るたびに増えている、と分析している)
(R・H)
an・anの調査は、「隔世の感」がする。およそ40年前までは、非処女を疵物(きずもの)といって、結婚の障害になっていた。 上記のアンケートは、ここまで性の自由化が進んだことに驚くばかり。“男女七歳にして席を同じくせず”の教育を受けてきた当時の男性にとっては、素人の女性は高嶺の花で、酒の勢いを借りて“みんなで渡れば怖くない”とばかりに、遊郭に雪崩れ込んで童貞を失ったものだ。   (T) 

テーマ:男と女の方程式 - ジャンル:独身・フリー

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
いつも振られどおしで半世紀以上、独身で83歳になった老人が20代の女性に一目惚れして数十回、ストーカー行為して御用!
このほどスポニチ紙が伝えるところによると、結婚したくてしたくて、なんども恋愛行為(?)におようぶこと多数回、この半世紀、オンナに振られ続けて、とうとう傘寿をこえた独身老人、熊本市健軍本町の年金生活者、徳井昭三翁(83歳)。昨年、出会った20歳代の若い女性、A子さんに一目惚れしてしまった。今夏、愛慕の情を抑えきれれず、三回以上、A子さんの勤め先に押しかけて「結婚して下さい」と懇願(?)したが、A子さんはいつも No、No!!。諦めきれぬ徳井翁、いつもA子さんにつきまとい、「貴女のおカオを、ズットと”拝顔”していたい」と、”お祈り(?)”すること数十回。A子さん側、ついに警察に”出動(?)”をお願いして、このほど徳井翁はストーカー規正法違反で”御用”、”お縄つき(?)”の身になった。実は、徳井翁。昨年11月にも、A子さんい付きまとい逮捕、起訴され、熊本地裁から懲役5ヵ月の判決を受けたが、これが執行猶予3年という”温情判決”で、浮世に帰った途端、前回とおなじストーカー行為。こんど公判廷に引き出されたら、懲役も1年以上で、執行猶予も付けてもらえず、即刻、刑務所行きというコトになる公算が大きいが、この八十三翁の面倒を見てくれる”老人ホーム”なみ刑務所は、全国ドコにあるのかしら??
【2011/10/30 10:12】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ