プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
「花衣 俳人 杉田久女」展
2011/10/22 [Sat]06:41
category:日記
 北九州市立文学館第10回特別企画展『花衣 俳人 杉田久女』ー11月3日~12月25日

 俳句は門外漢だったが、久女は、恩師・宇内の妻ということで、私は、松本清張「菊枕」、吉屋信子「杉田久女」を読んだ。共に悪意に充ちた作品で、特に清張は清張らしからぬ愚作であった。原本は高浜虚子の『国子の手紙』であった。虚子への情報提供者は、私の推論では横山白虹で、久女の才能へのジェラシーではないだろうか。
久女の汚名挽回は、久女の足跡を何度も訪ねて書いた、田辺聖子氏の名作『花衣ぬぐやまつわる・・・・わが愛の杉田久女』や、愛知県豊田市の湯本明子氏が晴らしてくれた。死因については、終焉の地・太宰府の精神病院に何度も足を運んだ熊本市の精神科医の寺岡葵氏が明らかにしてくれた。尚、寺岡氏は宇内の生誕地愛知の山奥まで訪れている。
 私がガッカリしたのは、田辺聖子氏の作品に、久女の旦那、宇内の描写に大きな誤解があることだ。
久女の足跡をみると、かなり勝手気まま、幼い娘を残して彼方此方に行っている。“谺して山ほととぎすほしま丶”を作句するのに、英彦山に四回行っているが、当時は冨野から東小倉鉄道で日帰りは無理だった。 私が特に驚いたのは、俳友とはいえ男性を自宅に泊めていることだ。明治男で素封家育ちの宇内にとって、胸が張り裂ける思いがしたのではないか。宇内の胸中察するに余りあり。写真を見ると久女は、可成りの美人でその上、天下の名門・お茶の水高女出身の才媛で、惚れていたのではないか。
 一方、宇内も上野の美校(現東京芸大)トップで卒業し、将来嘱望されながら、開校したばかり小倉中学の教師に埋没して、画筆を執らなかったことに、これまた、久女の胸中察するにあまりあり。
宇内の偉大さは、1期から私たち35期までの生徒全員の氏名をフルネームで覚えていたことだ。
敗戦後、同窓会総会が母校の体育館であったが、先生が愛知県の山奥から出席されると、各期が二次会、三次会と引っ張りダコだった。また先生は、旧小倉市から“小倉のペスタロッチ”として教育功労賞を授与されてもいた。   (T)



テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
今年・大晦日のNHK紅白歌合戦には有名・演歌歌手の多くが丸暴との縁を疑われて出演不可能か?、女子アナ・大先達、有働由美子アナは司会できず
今年・大晦日夜のフィナーレを飾るNHKの紅白歌合戦の特徴は、演歌歌手の多くが暴力団との”黒い縁”を疑われて、出演困難に陥っているコトと、紅組(女性歌手側)司会者として有力視されていたNHK・女子アナウンサーの大先達、有働由美子アナ(42歳)が”落選”して、連続テレビ小説のヒロインを務めた女優、井上真央(24歳)が選ばれたコトだろう。白組(男性歌手側)の司会者は昨年に引き続きタレント・グループ「嵐」で、総合司会は三年連続で安部渉アナ(44歳)だそうである。

”黒い縁”を疑われて、おそらく出演不能(?)になるだろうと見られて歌手には、スポーツ紙などを総合してみると、北島三郎、鳥羽一郎、千昌夫、山本譲二、和田アキ子などのスター級歌手も含まれている。NHK側は、全国各都道府県で”暴力団排除条例”が施行された以上、「少しでも、彼らと”黒い縁”でツナがっている歌手を、あの檜舞台に出すワケには行かぬ」という松本正之NHK会長の強い態度に、モトずく措置だと、されている。
【2011/10/22 08:36】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ