プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
疑わしくは罰せず。
2011/10/16 [Sun]08:32
category:放言
「サンデー毎日」10/23号ー特集ー「あるまじき抹殺裁判」『小沢シロの核心生証言』「週刊朝日」10/21号ー特集ー「小沢一郎 司法への挑戦状」 『罪に問われる理由はない』
上記の週刊誌は、大新聞社が発行しているだけに、数ある週刊誌の中で最も品格があり内容も信憑性が高い。ただ不思議なのは新聞の記事と週刊誌の論調が大きく異なることだ。例えば、両週刊誌を読んだ結果、新聞報道と異なり、小沢一郎は無罪ではないかと確信した。私は“政治とカネ”という四面楚歌の柵(しがらみ)を突き破るには靖国神社に参拝し憲法改正の先頭に立つことだと思う。   (T)
”雪男”(イエティ)が95%、シベリアの雪中、密林か山中にいる、と国際調査団が表明チンパンジーや大猿に似た”雪男”(イエティ)は、本当に生存しているか。ロシア政府は自国の専門家のみならず、米国、カナダ、中国などの学者、研究者らを招いて参加させた国際調査団を組織して、ロシア領、西シベリア・ケメロボ州南部の大雪に包まれた森林、山岳等を調査した結果、複数の洞窟などから、”雪男”が残したらしい毛髪、足跡と思われるモノを発見し、95%、”雪男”がシベリアで”生きている”ことを確信した、と時事通信が10月10日、伝えてきた。これまで”雪男”を実見したヒトはいないが、シベリアのほか、ヒマラヤ山中にもいるのではないか、と報道されたコトがある。なお、”雪男”に、男女(?)の性別があるかどうかは、ワカっていない。   (R・H)

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
日共機関紙「しんぶん赤旗」購読者激減,定価釣り上げ、フランスでは唯一つの夕刊紙が日刊・活字版を12月で止める
10月15日から「新聞週間」が始まったが、世は”新聞の時代”から”テレビの時代”へ、そして”インターネットの時代(個々人が新聞、つまりブログ、ツイッターを出せる時代)に、ドンドン進んでいる。以下はその代表例---

(1)日本共産党の機関紙・日刊「しんぶん赤旗」は、約十年前の購読者数、約36万から現在、約24万に激減し、経営困難に陥ったため。9月から月極(キ)め購読料を500円、値上げして、月、3400円に釣り上げた。
(2)フランス唯一の全国的な夕刊しで、五十年ほど前には毎日、100万部以上、発刊していた France Soir (フランス・ソアール) は現在、日、2万5000部 しか売れないため、活字紙面の夕刊紙を、この12月で全面停止することを、発表した。インターネットによる電子版は「続ける」と云っているが、前途多難だろう。
【2011/10/16 09:41】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ