プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
原子力の脅威。
2011/09/23 [Fri]07:52
category:放言
『40年後には、世界の総発電・電気量は三倍になるが、これに対する原子力発電の割合いは半減するかも、国際原子力機関の見通し!』

 国連の専門機関、国際原子力機関 (IAEA) は9月20日、約四十年後の2050年、世界の総発電量は現在の三倍強に膨れ上がると見たうえで、これに対して、原子力発電が占める割合いは相対的に低減し、総発電量の半分に減少する可能性がある、との見通しを明らかにした。この約四十年後の2050年、全世界における総発電量のうち、原子力発電の割合いは、最高で13・5%、最低で6・2%ではないか、と見ているのだ。先般、東日本大震災の結果、日本の東電・福島第一原子力発電所でおこった原子炉などの崩壊事故は、全世界に影響を与え、ドイツ、イタリアをはじめ、欧州では原子力発電所・廃止への動きは加速化しているのである。
(R・H)
『文藝春秋』10月号  特集「震災から半年 原発 私は警告する」を読んで慄然としたが、なかでもー東大教授・児玉龍彦【除染せよ、一刻も早く】には身の毛がよだった。心ある方は是非お読み頂きたい。   (T)

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
独シーメンス社は原発事業から撤退、小泉元首相は”脱原発”指向だが石原東京都知事は原発稼働推進論
ドイツの有力週刊誌、シュピ-ゲルはこのほど、ドイツ最大手の総合電機メーカー、シーメンス社のレッシャー社長が原子力発電事業から全面撤退する意向を表明した、と報じた。もちろん東京電力・福島第一原発事故がキッカケになったことは確実で、現ドイツ政府が基本方針として”脱原発”に踏み切ったコトが、シーメンス社の方針転換を導いたモノとみられている。

一方、わが日本では、”反原発”と”原発稼働継続”の声とが交錯している。東京都内などで、参加者・数万人という”反原発”集会が開かれたのに呼応すかのごとく、自民党の小泉純一郎元首相は川崎市で講演し「原子力発電所建設の費用を減らして、自然エネルギーの再生・活用の開発費にまわすべきだ。原発依存度を低めるのは、トキの勢いだ」と、述べた。然し反面、石原慎太郎東京都知事は9月21日、東京都議会本会議での所信表明演説で、”反原発”の大衆運動を批判し、「戦後60数年間つずいた”平和(ボケ)の毒”だ」と非難し、日本経済回復のためにも「原子力発電の稼働を続けるべきだ」と、述べた。、
【2011/09/23 10:21】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ