プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
早く安楽死法を。
2011/09/15 [Thu]08:16
category:日記
『日本はいぜん世界一の長寿国、平均寿命は83歳(男は80歳、女は86歳)、日本の百歳以上は4万7756人で、島根、高知両県はじめ西日本に集中』

 ”敬老の日”を目前にした9月13日、ジュネーブの世界保健機関(WHO)が公表した最新統計によると、2009年における加盟193ヵ国の国別長寿ランキングは、いぜん日本がトップで、平均寿命83歳だった。二位はスイス、モナコ、イタリアなどの82歳である。男女の性別で見ると、女性では日本が断然、首位で平均86歳で、次いで二位に平均85歳のモナコ、スペイン、フランス等が続いている。男性では残念ながら首位をサンマリノに譲り、ここがオトコの平均寿命82歳で、日本のオトコはオーストラリア、イスラエル等と並んで平均80歳まで生き二位だった。

 他方、わが厚生労働省がやはり同日、全国的に調べた調査結果では、今年、我が日本における百歳以上の超高齢者は昨年より0・07%、3367人ふえて4万7756人になった。百歳以上の超老人のうち、87%は女性である。住民10万人あたりの百歳以上、超高齢者生存の率でみると、島根県が75・70人で二年連続・首位であり、二位が高知県の67・58人、三位が沖縄県の66・04人と、上位は西日本各県で占められ、長生きする環境は「西高・東低」だった。

 なお我が国の最高年齢者は、女性が佐賀県基山町の長谷川チヨさん、男性が京都府京丹後市の木村次郎右衛門さで、いずれも114歳だった。    (R・H)
世界一の長寿国と手放しで喜んでよいのだろうか。現在、病院は爺さん婆さんでごった返している。昔は白内障になる前に、或るいは、前立腺肥大症になる前に死んでいた。これでは国家財政が破綻するのは、時間の問題だ。元気で長生きするのなら喜ばしいことだが、痴呆症になったり、穴という穴に管を入れられ、ベットに寝た切りで、苦しんで死んでいくのは、無惨というも愚かなり。政治家もバカが多いが、マスコミもバカが多い。一日でも早く、安楽死法を立法すべきと考える。   (T)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
車を運転できない米人巨漢が日本の中流上層家庭に”養子入り”し、日本人妻のクルマで出退勤する光景、米国は総人口の15%が”貧困家庭”!
僕は今から40余年前、米東部に三年余り駐在し、自車を駆って取材活動してまわったが、あの”自動車・超大国”アメリカにクルマを運転できないオトコがいるのを発見したのは、皮肉なコトに故国、日本に帰国してからのコトである。現在、僕は東京首都圏・西北部の住宅地にササヤカな一戸を構えているが、向こう三軒、隣りの中流上層家庭のオタクでは、47歳になるか細い日本人妻が、体重80キロを超え,身長190センチを上まわる巨漢の米人・夫を、毎朝夕、自車BMWの助手席にに載せ、彼・巨漢の勤務先、大英語塾に送り届け、かつ受け取って帰る。あの米人巨漢・夫は米西海岸の白人下層家庭のの出で、クルマを所有したコトがなく、車の運転がカラッキシ駄目だが、そうかと云って日本人男女が殺到する朝夕の通退勤電車に乗り込む勇気もなく、ナデシコ古女房に通勤先への”送り迎え”をさせているらしい。

この”貞節”なナデシコ古女房は、戦後50数年間、東京西部で施錠製作所を営み、かなりの財を積み上げた故・中小企業家の一人娘で、二十数年前、米西海岸の語学専門学校に留学し、そこで講師をやっていた心やさしき、あの米人巨漢に出会い、一目ぼれして、彼・巨漢を日本に連れ帰ったという。彼女は故人・父親の遺産を継いでいるので、別にガムシャラに働かなくてよい、という”恵まれた”御身分だそうで、、「それじゃぁ、まるで日本人のウチにアメリカ人が”養子入り”したようなモノではないか」と、わが愛妻に云うと、彼女は「その通りよ、米西岸にある、あの米人大男の実家は、”養子入りした”日本人・中小企業家のおカネにたかっている、ようなモノよ」と、こんなハナシもしてくれた。わが日本には、あの米人大男のサイズに合う背広がなく、毎夏休み、米西海岸の実家に”里帰り”して、むこうで自分の寸法に合った既成服を買って帰って来るのだが、そのとき自分の兄弟、姉妹数人を、ゴッソリ日本の”養子入り先”宅に連れ込んで来て、二週間ぐらい日本のアチコチで遊び呆けているらしい。みんな、あのナデシコ”奥さん”がおコズカイを恵んでいるとのコトであった。「日本はそこらじゅう”遊び場所”があるから、退屈するコトなど、ないんだって・・・」。

おそらく「日本人にたかっている米人」のハナシは例外ではない。9月13日、米政府から発表された統計資料によると、アメリカでは、総人口の約15%にあたる4600余万人が、四人家族以上で、年収、2万2300ドル(日本年で154万円)以下という”貧困家庭”で、その大半がクルマも持ち合わせていない由。人口の15%という米国社会の”貧困家庭”率は、戦後史上、最大率だそうである。
【2011/09/15 11:14】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ