プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
コップの中の争い。
2011/08/26 [Fri]08:30
category:放言
『男女の圧倒的多数が男性用ピル(経口避妊薬)の開発,成功を請い願う、男性の半数以上が相手・恋人が太ってきたら「別れる」、米男女約7万人に対する性意識調査』
 米国の成人男性むけ情報サイト、Ask-Men(アスク・メン)が熟年女性むけ雑誌,Cosmopolitan(コスモポリタン)と共同で、今年上半期、米人の成人男女,約7万人に対し、性意識を調査した結果、男女とも圧倒的多数が共通して、いま一番こい願っていることは、性行為の際、男性が使う避妊具がゴム製のコンドームだけでなく、現在、ご婦人方の間で愛用されている経口避妊薬の男性むけピルを、早く開発、成功して欲しいという答えだった。男女とも大多数が、たとえ極超にゴムが薄くても、やはり性交渉は純ナマで「やりたい」のが実情のようで、男性用ピルが開発に成功して、市場に現れるようになったら「すぐ店頭で買い入れる」という答えが、男女とも半数以上に上った。

 男女によって、好悪の差がかなりあったのは、相手パートナーの肥満度で、女性の場合、相手の男性が「肥満したら別れる」という答えが20%にとどまったのに対し、男性側は「恋人の女性が太ってきたら別れる」という答えが半数以上にのぼった。今の恋愛、結婚以前に性交渉を持ったコトについて、その経験回数、相手の数などについて、パートナーに対しウソをついていたと認めた者は、男性約50%、女性約30%だった。こうした過去のボーイフレンド、ガールフレンドと、なお「付き合ってよい」とする答えは、男性約65%、女性約35%だった。結婚後、窮極的に人生の目標とし、世間に誇れるモノは男性の大多数が「安定した家族」としたのに対し、女性は約三割が”家(住宅)”などに見られる不動産だった。   (R・H)
罹災者が塗炭の苦しみに苦しんでいるというのに、民主党の国会議員は代表選に浮き身をやつし、野党の自公の代議士たちは、蚊帳の外でアメを舐めながら羨ましそうに眺めているように、私は思えてならない。
これら(地震、津波、原発事故、円高)事故の対応まずさの根源は、菅直人の無策と優柔不断さ、と、マスコミの報道にあると言っても過言ではないだろう。
来月から『産経新聞』に切り替えた。また、昨日から森村誠一の『太平記』を読み始めが、現在の政治をみるようで実に面白い。  (T)

テーマ:どうでもいいこと - ジャンル:その他

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ