プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
自虐史観の弊害。
2011/08/03 [Wed]08:27
category:放言
『7日にも韓国の対日文化侵略(?)に屈したフジ・テレビ(チャネル8)を懲らしめる大デモ、昼の主婦向けタイムは高い”日本製”劇を敬遠して韓流ドラマばかり、主要スポンサーの「花王」商品への不買ボイコットにまで発展か』
 韓国の対日文化侵略(?)に直ぐ屈した一番の”弱虫”として、フジ・テレビ(8チャンネル)にホコ先を向けた日本の右翼団体は、8月7日(日曜)の午後2から東京港区お台場のフジ・テレビ本社前で、首都圏の住民有志、約1万人を動員して、フジ・テレビ排撃の大デモを展開する。フジ・テレビの韓流ドラマ偏重は、在京・他テレビ局と比較しも、度が過ぎており、連日、午後2-4時の主婦むけタイムは「切ない再会」、「製パン王キム・タック」など、恋愛モノ中心の韓国製テレビ・ドラマの連続放映に占有されており、日本製のドラマは弾き飛ばされている。他テレビ局などの話によれば、夜のゴールデン・タイムも、日本のアイドル嬢歌手よりも、ピチピチした韓国人コーラス・グループを登場させるコトが多い、という。

 フジ・テレビ排撃運動の企画者たちは、その翌8月8日(月曜)を「絶対にフジ・テレビを見ない日」に指定し、全国民にチャンネル8番に合わせないよう要請している。また、伝統的にフジ・テレビの大スポンサーである総合化粧品メーカー「花王」に対しても、非難のホコ先をむけており、すでにインターネット上で評判が良くない洗剤「アタックNeo」を主に、「花王」製品の不買ボイコット運動を展開するとも、イキまいており、これらの動きは他スポンサーをも動揺させ、一部に同テレビから”降板”しようとする動きが出ている。

 フジ・テレビの韓流文化偏重は、ヨンさまの「冬のソナタ」以来、植えつけられた主婦層の韓国男女優への偏愛や、韓国芸能人の質の高さから来る面が大きいが、もう一つ、経済的な理由があるらしい。ギャラが高い日本人俳優を使い、費用が滅法かかるセットを日本で組むより、値が上がらない韓流ドラマなどを輸入した方が「安くつく」ということである。

 こうして滔々たる流れになったフジ・テレビの韓流偏向の犠牲になっているのは、出演要請が来なくなった日本人俳優であり、まず若手男優のホープ視されていた高岡蒼甫(29歳)がツイッターに「フジ・テレビは韓国テレビの従属・出張局だ」と、嫌韓的な言辞を書き連ねた。フジ・テレビに気をつかう所属プロダクションは、高岡の振る舞いを遺憾として、彼のクビを切ってしまった。しかし、高岡に同情する声は意外に大きく、お笑タレントの「ふかわりょう」(36歳)がすぐツイッターで支援を約束して来た。政治家でも、「たちあげれ日本」所属の中山成彬前衆院議員(68歳)や、自民党の片山さつき参院議員(52歳)らが「よくやった」と、高岡に応援のメッセージを送って来た。日本海上、竹島をめぐる日韓領有権争いや、新藤義孝衆院議員(53歳)ら自民党三議員がソウル金浦空港から”強制送還(?)”されたことも、日本人の反韓感情を刺激し、フジ・テレビを懲らしめる大デモに発展させつつある。   (R・H)
そもそも高校で、自国の歴史が必修ではなく選択というのは、世界で日本だけだ。しかも高校3年での選択だから、大学入試の関係で、本人が個人的に勉強しない限り、明治以降の歴史は教わらないままである。特に自虐史観は、戦後アメリカの占領政策の一環で、日本人の骨抜きを図るためのものだったのだ。現在の多くの政治家が、愛国心に欠け腰抜けで気骨のない理由である。  (T)

テーマ:菅総理は、日本の国力を落とそうとしている - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
韓流テレビばかりやっているフジ・テレビ糾弾の声が続く!
俳優、高岡蒼甫の義挙(?)に対しては、その後も支援の声が相次ぎ、激烈な愛国主義者として有名な田母神俊雄前航空自衛隊幕僚長は「できればフジ・テレビ糾弾のデモに参加したい。あの”弱虫”テレビが韓流ドラマばかりやっていたコトに、違和感を感じていた」と、語った。前横浜市長の中田宏氏は「100%、高岡蒼甫クンの云うことに同意する。このままでは日本のテレビ局は全部、韓国の従属テレビ局になってしまう」と、述べた。
【2011/08/03 14:52】 URL | R・H #- [ 編集]

我が自民党議員団がソウル金浦空港から”強制送還(?)されたその日、韓国側の金在五・担当特任相は竹島(韓名・独島)を訪問、守備隊員を激励!
日韓両国でその領有権を争っている日本海上の竹島(韓名・独島)付近の鬱陵島を視察のため入韓しようとしてた新藤義孝氏ら参院の自民党議員団がソウル金浦空港で、韓当局の入国拒否にあい”強制送還(?)された8月1日、折りも折り、韓国側の同問題最高責任者、李在五(イ・ジェゴ)特任命相は独島に上陸し、この島が”韓国領”であることを、内外に誇示した。既に独島には韓国守備隊が駐屯しているが、李特任相は守備隊員ひとり一人と握手して、強く激励した。韓国側のマスコミは、自民党議員団の団長格である新藤氏が、第二次大戦末期、日米間の激戦場となった硫黄島の日本軍司令官で玉砕した栗林忠道中将の孫であることを、ことさら強調して、旧日本軍のイメージと新藤氏らの行動とをとをダブらせようとしている。日本側は努めて冷静ににこの問題を取り扱っているが、とくに朝日新聞は社説で”平和解決”よびかけたほか、普通の記事では一行も報じていない。
【2011/08/03 09:13】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ