プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
米国からも見捨てられたか?
2011/08/02 [Tue]07:21
category:放言
『”脱原発”を旗印に辞めようとせぬ菅首相、米国も菅政権を”相手にせず”へ、民主党内には両院議員議員総会で菅代表解任と、自民党と共に”菅内閣不信任案”上程の二つの流れ』
菅直人首相は8月6日、同9日の広島、長崎両市における原爆投下66周年祈念の平和式典に出席する意向を固め、枝野幸男官房長官が8月1日、記者会見で発表した。菅首相は両式典で、核兵器廃絶を内外に訴えるとともに、東日本大震災における福島原発事故の”痛い経験”を活かし、”脱原発”に向けた大胆な新エネルギー政策を打ち出すものとみられている。

しかし”核超大国”のアメリカが菅政権に好感を持っていないことは確実のようで、読売新聞は8月1日、今年9月に予定されていた菅首相の訪米を”お断り”し、この際、”次の五十年”における日米同盟強化を目指して、発表する予定だった日米共同宣言も当分の間”タナ上げ”する方向に動きつつある、と報じた。この”次の半世紀”をニラんだ日米共同宣言は、安保、経済提携、文化・社会の三本立てで、昨年すでにアジア太平洋経済協力会議(APEC)でオバマ、菅日米首脳が顔を合わせた際、基本線は合意ずみのモノだ。今秋9月の菅首相訪米の折り、具体的なプログラムが発表されることになっていたが、菅政権が事実上”死に体”のうえ、米側が強く日本の参加を要望している環太平洋戦略的経済協定(TPP)に、クビをタテに振らない菅首相の”左より”姿勢に、オバマ政権すら強い不信の念を持っている、と伝えられる。

菅首相は、その進退の決める三条件として、東日本大震災復興に向けた第二次補正予算案と、(赤字国債発行のための)特例公債法案、自然エネルギーの再生、活用促進法案の三法案について今国会で成立させるよう、求めているが、これまでに衆参両院を通過したのは、第一の第二次補正予算案だけである。やはり読売紙の報道だが二、三日前、開かれた民主党・菅グループの会合で、第二、第三の条件も満たされない限り、菅首相は自ら総理を辞任する意思がない旨、語ったとされている。自民党側も、この第二、第三の条件が、民主党のマニフェストである”バラマキ”政策に利用されるのを恐れ、ソックリそのまま容易にはのめないと、考えているようだ。

こうしたタダならぬ内外の動きに対し、東京首都圏の夕刊紙、夕刊フジと日刊ゲンダイとは、民主党内における”菅下ろし”の二つの流れを、次のように伝えた。

(1)夕刊フジ=仙谷由人代表代行、岡田克也幹事長、枝野幸男官房長官、安住淳国対委員長の現執行部四人は再三、会合を重ねた結果、”お盆”すぎに緊急両院議員総会を開き、ここで菅直人代表を即時解任させたうえ、8月27日前後に新民主党代表を選出させ、新政権樹立を進める。
(2)日刊ゲンダイ=菅首相は相当な勢力を保持しているので、上記のようなやり方だけで、菅総理辞任に追い込むのは無理だとし、小沢(一郎)、鳩山(由紀夫)両グループは、自民党とも連携して会期末に「菅内閣不信任案」を上程する。一事不再議の慣例はあえて無視する(その後の”大連立”や”新党再編”も視野に入れている)。
R・H
K・Tさま
お孫さんの御婚礼おめでとうございます。それにしても名古屋で足を痛められたとは。御回復の早からんことを。僕も杖を頼りに歩いているのですが、きょうも息子のクリニック(多摩湖の傍、東大和市)まで身体を見てもらいに、三、四回、電車を乗り換えで1時間20分余かけて行き、とても疲れました。そういうワけで送稿が遅れます。
R・Hより

僅か一泊二日の旅だったが、名古屋まで片道3時間座りパリッでは意外と疲れるものだ。矢張り歳かな。  (T)

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
鳩山(由)前総理、北海道の選挙区で、菅首相の早期退陣を促す、さらに新政権下、与野党協力の”大連立”の必要性も!
鳩山由紀夫前総理は7月31日、自分の選挙区、北海道・登別市に帰り、地元・民主党の会合で「早く政権を建て直し、失った国民の信頼を取り戻さねばならい」早期の首相交代を実現させる必要性を強調した。鳩山前総理は、さらに「菅政権のままでは、自民、公明両党との協調はできない。東日本大震災という未曽有の大国難に対しては、与野党の差を超えた新体制で対処せねばならない」と、”大連立”の必要性も強調した。鳩山前総理の話によれば、前前月、自公両党から菅内閣不信任案が衆院に上程された際、これに反対票を投じた鳩山前総理に対し、菅首相は「貴方の気持ちはよく分かっています」と、政権バトンタッチの意思をホノめかしていた、という。
【2011/08/02 09:41】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ