プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
ご苦労さん!魁皇。
2011/07/21 [Thu]08:29
category:放言
数々の新記録を残しての魁皇の引退、本当にご苦労さまでした。負け越し寸前の8勝7敗が続き、さぞかし苦しかったであろう満身創痍の本人の心中察するに思いあり。引退の弁もまた素晴らしかった。
思えば、2004年9月、九州場所に準優勝しながら横綱昇進を見送らせた相撲協会に、私は腹を立てたが、もし横綱になっていたら、前人未踏の快記録は見れなかったであろう。
1939年、安藝ノ海に敗れるまでの、相撲史上に燦然と輝く69連勝の双葉山も、同じく九州(宇佐)の出身である。  (T)
『東国原前宮崎県知事、再三、前妻”かとうかず子”さんに復縁を連呼、”糟糠の妻”に先立たれた孤老な70歳老人、隣り若者の発するセックスよがり声と振動でノイローゼ?』
 東京都知事や自民党総裁の座を目指して、まだその夢を果たせないでいる大衆政治家(?)、東国原英夫・前宮崎県知事(53歳)は、このほどニッポン放送の深夜ラジオ番組に出て、東日本大震災復興に対する菅直人政権の不手際を攻撃した後、五年余り前、向こうから切り出されて離婚した前妻の美人(?)タレント兼俳優の”かとうかず子”=本名・加藤和子=さん(53歳)に対し、「お願します、どうか復縁して下さい」と、何回も連呼、嘆願した。東国原前知事は、かつて”そのまんま東”の芸名で、「たけし軍団」メンバーとしても有名だった元”お笑いタレント”で、二十年ほど前、テレビや映画で共演した”かとうかず子”さんを知って恋愛、結婚し、一男一女までもうけたが、2006年春、彼が宮崎県知事選挙に立候補したとき、その政治的野心をめぐって、夫婦喧嘩になり、破婚した。”かとうかず子”さんは以前から「政治家を志すようなオトコは大嫌い」と云っており、これを”そのまんま東”が破ったコトになるかららしい。東国原英夫氏は県知事当選後、宮崎からも再三、”かず子”さんに対し、復縁を呼びかけていたが、全部、前妻”かず子”さんから断られている。

 女房というパートナーは、僕個人の体験から云っても、公私両面の介添え役として、唯一無二の存在だが、たまたまインターネット上で、以下のような孤老男性の投稿文を見て、そぞろ哀れ(?)を催した。
 「私は十数年前、長年、連れ添っていた”糟糠(ソウコウ)の妻”に先立たれた独り身の老人です。ことし70歳で、国から頂く年金等だけで生計を立て、住まいも五十年ほど前、建てられた古い木造建てアパート二階の一室です。先だって私の部屋の隣室に、20歳代前半の若いオンナの子が引っ越して参りました。初めは”可愛い子”と思っていましたが、そのうちに彼女が30歳ちかいと思われる彼氏を、週に三、四回、招き入れるようになり、その傍若無人ぶりのセックスに閉口しています。「スーハー」という彼氏、彼女の息ずかいも激しくコダマし、”逝く、逝く”とか”死ぬ、死ぬ”とか云った嘆声が”独身”の我が個室に聞こえてまいります。そのうえ彼氏、彼女とも、精気あふれた若者のセイか、性交は床や壁を振るわせ、その振動で箪笥(タンス)上の妻・形見の人形が下に落ちるほどです。若者さん、もう少し静かにやって頂けないでしょうか、いくら生理的欲望が強いといっても・・・・」。(R・H)

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
台風
お久し振りです、台風たいした事なく、良かったですね、でも四国など 崖崩れや 水害などで とっても気の毒な所も 沢山あり申し訳ないが、こんな時 いつも思うんです。北九州って災害がなく、なんて 良い所なんだと、年に何度か来る台風も、大雪も、地震も、全然関係ないようって感じ?
何処かで 災害が有るたび、北九州って何ごともなく 良い所だと胸をなでおろしてます。でも今日は台風のせいで、涼しくていいですね。腰や肩の痛みは如何ですか ?
【2011/07/21 10:34】 URL | 田中治療院 #- [ 編集]

14歳の男の子を19歳の女の子がベビー・シッテイングして、下半身ばかり”お守り”し、ついに性的暴行容疑で彼女が捕まった!
これは”超大国”アメリカでのおハナシ。米東部コネチカット州に住む、ロス・ブーシャードという19歳の女の子が、ベビー・シッチング(子守り)していた当の”若殿”14歳の男の子をオカし続けていたというので、このほど地元警察に性的暴行容疑で捕まった。肉体的にも成長している14歳の男の子に何故、ベビー・シッターが必要だったのか、ワケの分からぬ点も少なくないが、彼女を雇った男の子の両親は共稼ぎ夫婦。彼女、ブーシャードを雇ってみると、これが稀代の大酒飲み。家じゅうにあったウイスキー、ブランデーの類を片っ端から飲み続け、フワフワした気持ち。その度に”モヨオして”、お仕えしていた”若殿”を組みふせて馬乗り。アッチにふけり続けた。”若殿”もアソコに毛が生え出す年頃で、これが大好きになり、時として自分の方からお願いする始末。両親は初めブーシャードを真面目なベビー・シッターと見て、不干渉だったが、我が子”若殿”の学業成績が短期間に急降下したので、問い詰めたところ、”若殿”が勉強部屋で勉強をせず、アレにばかり耽っていたコトが判明。ブーシャードの”本性”を知って、地元クリントン市警に届け出て、性的暴行容疑で捕まえてもらった。
【2011/07/21 10:03】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ