プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
菅直人の即時退任を!
2011/07/13 [Wed]08:33
category:放言
『「辞めよ」の大合唱の中で、菅首相は総理の座にガンと頑張る、東日本大震災復興用の第三次補正予算案準備を指示、亀井静香氏から激励も、福岡から”自殺”説が飛んだ松本龍氏とは段違いの”図太さ”!!』
 朝日新聞が7月12日、報じた世論調査の結果では、菅直人内閣への支持率は、前任、鳩山由紀夫内閣末期のそれの17%を下まわり、15%という歴代内閣でも最低に近い成績だったが、菅首相ご本人はビクともしていないらしい。菅首相はガンとして総理の座にヘバりつき、職務に精励(?)している。東日本大震災復興を”天命”と自称する菅首相は7月11日も、閣僚懇談会などで、主要大臣に対し、さらなる災害復興費として、第三次補正予算案の編成準備を指示した、と毎日新聞は伝えている。やはり東日本大震災復興に充当する第二次補正予算案が国会を通過したら、「総理を辞めてよい」と公言してから一ヵ月たらず、舌の根も乾かぬウチに・・・。

 読売新聞の報道によれば、亀井静香・国民新党代表(総理特別補佐官)は、この日、閣僚懇談会などに先だって、菅首相と会談し、「内閣”延命“策と云われようと、”口約束違い”と云われようと、みんなハネつけ、貴方は第三次補正予算案を編成し、国会に提出する義務がある」と、励ましたといわれる。長年、永田町と霞が関で鍛え抜かれた菅=亀井コンビの”図太さ”は、あの暴言(?)問題で復興担当相を就任後、十日たらずで辞め、地元、福岡市に帰郷後、心身の疲れ(?)から緊急入院し、東京まで”自殺”説が飛んだ世襲政治家(?)、松本龍衆院議員の”か細さ(?)”とは、神経が段違いらしい。
(R・H)
昨日のテレビに映っていた菅直人の顔は、夢遊病者のように焦点の定まらない虚(うつ)ろな顔をしていた。
しかも私が菅に危惧を抱くのは、総て己の延命のための思いつきの政策だ。特に恐ろしいのは、「原発の再稼働は一切認めない」との発言だ。将来的には原発廃止の方向に向かうにしても、即時廃止は、我々の生活もさることながら、産業界に致命的な影響がでることは必至である。一日でも早く菅直人を辞めさせないと、日本は大変なことになりそうだ。ところが、支持率0%に近い国民新党の亀井静香が己の保身のため、菅に辞めるなコールを送るに及んでは何おか況や!!。  (T)

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
菅首相の総理居座りそのものが国難、衆院で菅内閣不信任案、参院で菅首相問責案を同時提出するよう提案、西岡参院議長
元民主党員の西岡武夫参院議長は7月13日、菅直人首相の総理居座りそのものが国難にあたると暗示し、この国難克服のため、同日かつ同時期に衆院では菅内閣不信任案、参院では菅首相問責案に提案,採決に付すべきだとの論文を発表した。衆院ではさる6月2日、自民、公明両党提出の菅内閣不信任案が一度、否決されており、同一国会内に同一議案は提出できないという「一事不再議」の決めで、二度は不信任案を出せないという見方があるが、西岡議長は「一時不再議」を単なる慣例と断じ、二度出すことを禁ずる法的根拠はない、と言っている。

西岡議長は、この論文の前段において、福島第一原発事故に対する対応のまずさ、思いつき政治などの例を引き、菅氏の権力濫用を”鬼の政治”とも名ずけ、8月末の今国会閉会時になっても辞任する気配はない、と断じて、菅直人氏が国政トップの座に居座っていること自体、”国難”視し、その排除が必要で、民主党の大勢が”菅退陣”に向けて動くよう、求めている。
【2011/07/13 14:46】 URL | R.H. #- [ 編集]

亀井静香氏、「私は現行・郵政民営化修正に動く民主党議員にエール、民主候補のため援演説にまわると約束!
小泉純一郎氏が総理時代、”強行”した100%”郵政民営化”に反対し、その修正を求める民主、国民新、社民の三党から衆参両院議員約200人が7月13日、国会内で集合し、気勢をあげたが、この会合のリーダー格である亀井静香・国民新党代表(総理特別補佐官)は冒頭、「次の総選挙では全国郵便局長会が全力を挙げ、六、七年前の国会で、100%郵政民営化に反対した民主党議員らを応援する。私もその隊列に加わり、民主党議員候補応援のため、全国を走りまわる」と、、暗に小泉氏引退後も続く自民党の路線に反対を示唆した。この会合には原口一博元総務相ら出席して、修正郵政改革法案の早期審議入りと、七月末まで同法案成立させることで意見一致した。
【2011/07/13 13:01】 URL | R.H. #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ