プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
救国内閣の樹立を!。
2011/06/07 [Tue]07:54
category:放言
『”ダラ菅””グズ菅”の汚名を返上して”政略の天才”ぶりを発揮した菅直人首相、293対152の大差で菅内閣不信任案を葬り去った大功績者は鳩山前総理、菅首相はズットと御在任かも・・・』
 政治ジャーナリストの上杉隆氏は6月3日、自分のブログで、大方の予想を裏返し、菅直人内閣不信任案が293対152の大差で覆されたのは、菅首相の見事な政略で、これをカゲで助けたのは、今でこそ「菅さん、早くお辞めなさい」と言っている、無責任(?)な鳩山由紀夫前総理だ、と非難した。上杉氏の論旨は、次のとおり。

 (1)6月2日午前中まで永田町は、与党・民主党内からも”親小沢(一郎)派”ら70人以上の”脱落者”が出るので、菅内閣不信任案成立の公算大という見方が強かったが、この流れを一瞬にして変えたのは、鳩山由紀夫前総理である。鳩山前総理は菅首相との間に「民主党を絶対に壊さない」など、三項目の約束を確認書として取り換わし、民主党内における菅即時退陣の”世論”を360度、変えてしまった。一種の”詐術”だが、これは政治的名門、鳩山家の伝統で、1946年5月、吉田茂内閣樹立の際にも「鳩山一郎氏(由紀夫氏の祖父)の公職追放が解けたら、政権は”お返し”する」という覚書を取り交わし、1954年12月、鳩山一郎内閣樹立を迎えている。
(2)上記の菅・鳩山(由)確認文書は、民主党内の空気を360度、大変換させた。しかし、この確認文書には、菅首相が「辞める」時期については一文一句、記されていない。菅首相は6月2日夜、記者会見で、自分の辞任時期について、福島第一原子力発電所の原子炉冷却措置・自然停止の時期と言っているが、これは何時のコトか、わからない。来年1月ごろという見方もあるが、希望的観測というモノだろう。
(3)現職の内閣総理大臣を「辞めさせる」唯一の手段は、衆院における内閣不信任案提出だが、これは「一時不再理」で、今後、二度とは出せない。参院における首相問責決議案には、菅首相を退陣させる強制力はない。菅首相は今後も、ズッと現職の総理大臣でいるだろう。東日本大震災や福島第一原発事故に対しては、”グズ菅”であっても、政略、人たらしの術では、マレに見る天才である。
   (R・H)
『わが政局の焦点は”ポスト菅”に予想される民主=自民”大連立”政権の主導権争い、夕刊フジは「枝野幸男総理、石破茂副総理」説を一面トップに掲載』
 菅直人首相退陣を前提にして、”ポスト菅”の新政権を民主、自民二大政党を中心した超党派的な”大連立”内閣にしようという構想は、石原伸晃自民党幹事長についで、岡田克也民主党幹事長も同じ考えを明らかにし、同一線上にそろった感が強く、わが政局の焦点は既に”大連立”政権成立後の主導権争いに移っているようにも見える。樽床伸二民主党元副幹事長や菅義偉自民党元選対副委員長らを中心にする、超党派的な中堅、若手議員の勉強会や、民主党の古川久元・元官房副長官や自民党の鴨下一郎元環境相を主にした復興・再生議員連合などがその現れで、二、三日前の深夜には、民主党の”ヤミの実力者”視されている仙谷由人現官房副長官と、党長老組に良い大島理森現自民党副総裁とが、東京都内のホテルで密談した。東京首都圏の夕刊フジは6月6日、一面トップで、政治ジャーナリスト、鈴木哲夫氏の執筆による、同密談にモトずくとされる「総理が枝野幸男現官房長官(民主党)、副総理が石破茂現自民党政調会長」という”大連立”政権・樹立予想を報じた。

 しかし、この枝野、石破正副総理説には疑問を投げる声も多く、民主党出身ながら”反菅”的な西岡武夫参院議長は、岡田現民主党幹事長をはじめ、菅政権の政府・党幹部は、現政権・不手際の責めをとって、新政権トップの座に就くべきではない、とキメつけ、小沢一郎元民主党代表に近い達増拓也岩手県知事は「”大連立“政権のリーダーには、民主党員以外の人物も視野内に入れるべきだ」と、述べている。ただ、こうした考え方には民主党国会議員中に反対者が多く、たとえば谷垣禎一自民党総裁を”大連立”政権のトップにでも据えると、六ヵ月以内ににも総選挙を断行し、民主党を惨敗させるだろう、として拒否する声が強い。

 菅首相も、いずれ退陣するハラを固めつつあるが、辞任の時期は出来るだけ遅くしたい意向のようで、6月6日には斎藤勁民主党国対委員長代理と会い、東日本大震災復興のための今年度第二次補正予算案を8月上旬にでも”前倒し“成立させて、これを”花道”にして辞職したい旨、伝えたが、そこまでは菅政権が持つまい、とみる見方が強い。TBSと、その系列局が6月4、5両日、全国で世論調査したところ、「菅総理は今月中に辞任すべし」が13・4%、「菅総理は秋口までに辞任すべし」が25%に上った。”ポスト菅”に予想される”大連立”新政権のリーダーには、民主党の場合、枝野幸男氏ではなく前原誠司前外相、自民党からなら石破茂政調会長を推す声が、それぞれトップを占めた。
   (R・H)
一日でも早く、菅直人は退陣し救国内閣を樹立すべきだ。
本音を語ると、政治に愛想が尽き、ポスト菅には、誰でもよいが、若けりゃよいというものじゃない。独断と偏見で語ると、経験豊富で強力な指導力を発揮しカリスマ性のある者でなければいけない。
「政治とカネ」問題が一段落したら、小沢元代表が適任だったが、今回の不信任案に敵前逃亡で信用を失い、安倍元総理、平沼赳夫、亀井静香か西岡参議院議長が適任ではないか。と、私は思う。  (T)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
”ポスト菅”の民・自”大連立“内閣・宰相に亀井静香国民新党代表を待望する声が浮上!!
菅直人首相の退陣と、”ポスト菅”の民主=自由両党中心による”大連立”政権樹立が既定(?)事実化しつつある政情下で、衆院第一党、民主党には、次の総理を目指す”野心家”が乱立し、混迷を深めているので、いっそのこと政治家としての手腕が抜群(?)な亀井静香・国民新党代表を”大連立”内閣の総理大臣に推そうという動きが、俄然、活発化している。”亀井総理”待望論は、スポニチ紙がトクダネとして報じたニュースだが、ほぼ時を同じくして、”政界一のご意見番”、石原慎太郎東京都知事も「国難(?)救済には”亀井総理”が一番ふさわしい」と、発言している。

読売新聞が最近、行った全国世論調査では、”ポスト菅“総理候補の第一位は民主党の前原誠司前外相だが、前原氏には在日朝鮮人(?)から違法献金を受理したというスキャンダルが、もうバレている。”大連立”を組む当のパートナー、自民党には「たとえ民主党から総理を出させるとしても、我が党を納得させ得る人物でなければならない」という意見が圧倒的多数だ。民主党には「次期総理には、「仙原幸彦=仙谷、前原、枝野(幸男)、野田佳(彦)の略」が有力候補とされているが、あの小沢一郎”親分(?)”も着々、”大連立”総理になる準備をはじめている、という怪(?)情報も飛んでいる。

この点、亀井静香氏は警察庁”お偉ら方”の出で、霞が関官僚どもに睨みが利くし、2005年の小泉純一郎”郵政民政化”選挙まで、自民党に30年ちかく在籍し、主要閣僚のほか、自民党内でも政調会長などを歴任したベテラン政治家で、自民党の”猛者”どもを黙らせスベを知っている、と期待する声が強い。
【2011/06/07 14:18】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ