プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
少子化の原因はセックスレス。
2011/04/26 [Tue]08:06
category:放言
日本の人口減、活力不足は「若者のセックス嫌い」から来る、二十代後半の男で、三人に一人が「やりたくない」、厚労省調査』
 わが日本の急激な人口減や、社会の活力不足が”少子高齢化”現象から来ているコトは、周知の事実だが、これを助長しているセックスレスのデータが、このほど厚生労働省で明らかにされた。これは日本家族計画協会などが昨年9、10両月、全国的に16歳から49歳までの男女、3000人(回収率は57・2%)を相手に、性生活のアンケート調査をした結果で、そこに出て来た統計は驚くべき数字だった。ナンと、セックス一般に「関心がない」か「嫌悪している」と答えてきた回答者が過去五回の調査において最高となり、男性では17・7%(前回2008年調査より18%増)、女性では48・4%(前回より11%増)という結果になった。
とくに我が国の将来を憂慮させるのは、16-19歳という、昔なら「やりたくて、ついアソコに手が行った世代」に、「セックス嫌い」が急増しているコトである。この十代後半から二十台までの男の若者で実に36・1%(前回2008年より2・1倍強)、女の若者で58・5%(前回より1・2倍強)が、いずれもセックスの「セの字も嫌い」と答え来ていて、日本家族計画協会の調査員らをビックリさせた。やはり”精力が余って困っている”ハズの20-24歳の若者でも、男性の21・5%(前回2008年より1・9倍弱)、女性で35・0%(前回より1・3倍弱)も「セックス嫌い」がいて、これまた過去最高の数字だった。

 20代以上で、すでに結婚していても、過去一ヵ月以上、性交渉を持っていないと言うカップルの割合いも、こうした調査を始めた2004年の31・9%から、ドンドン増え続け、昨年9,10両月の調査では40・8%と、四割を越えてしまった。とくに我が国社会の”背骨”にもなっている40代では、実に約九割が仕事や家事の繁忙を理由にして「過去一ヵ月、性交していない」と答えて来ており、これまたビックリさせた。   (R・H)
価値観が変わったとはいえ、人間として、いや動物としての本能までもかくも大変化したとは、昔人間の私には想像を絶する。これでは将来が不安で結婚も出産も減り、少子化スパイラルに拍車がかかり、早晩、日本は消滅するかもしれない。
それに引き替え老人、就中(なかんずく)熟年・高齢のご婦人たちの美貌と元気なのには驚くばかり。
 これは実際に聞いた話だが、ある老人クラブで、ヤモメ・未亡人希望者数人で嬉野温泉に行ったとき、少し酒が入ると無礼講になり、女性達の元気の良さに男性達はタジタジで、大岡越前守の母親が言ったと伝えられる“灰になるまで”を実感したそうだ。これはいろんな本にも書いてあるが、社会から隔絶された老人ホームでは、一人の元気でシックな男性をめぐって、三角関係、四角関係という女の猛烈な争いが展開されとのことである。
 「週刊朝日」今年の1/28号特集『70歳からの愛とセックス』に登場した“76歳の山本文夫さんと31歳年下の由美子さん、88歳の内海桂子師匠と24歳年下の成田常也さんとの結婚”の記事によると、共に性愛は現役だとは羨ましい限りだ。
“ガンバレ頑張れ!若者!!”  〈T〉

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
どちらが本当か?、“異性をカラダで知る”低年齢化を嘆く統計もある!
ただ上記の現代・若者の”異性知らず”の傾向・増勢には、逆の調査結果もある。男女問題の研究家で、NPO法人「ぶれいす」代表の池上千寿子さん(64歳)が最近あらわした著書「思い込みの性・・・」(岩波書店刊)によると、池上さんは複数の統計を対照、総合した結果、以下のように、大学生、高校生らの”異性をカラダで知って楽しむ”行動の経験率を推定し、アッチを知る率は”若年化”している、と結論している。

アッチの関係を持つ率     1987年      2005年
(1)男子・大学生          45%        60%
(2)女子・大学生          25%        60%
(3)男子・高校生          10%        36%
(4)女子・高校生          10%        30%
  <<注>>中学生の場合、男女とも両年、5%未満で横ばい。

上記・本文の場合と、このコメントの場合と、どちらが本当か?。これらを読んだ、あるブログ筆者は、「若者の”異性知らず”の率も、”アッチに走る”率も、総括だけでは実態から遠い。具体例を知りたい」と、記している。
  


【2011/04/26 09:10】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ