FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
演歌孝
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
「後悔先に立たず」
2011/04/17 [Sun]08:58
category:放言
『元”原発推進派”の東大名誉教授ら16人の老学者が”懺悔(ザンゲ)声明”、大事故を起こした福島第一原発の約40年前の超・旧式!』
 インターネット通信のJ-Castニュースが4月16日、伝えたところによると、今度おこった東京電力・福島第一原子力発電所の大事故を、深刻に受けとめて、松浦祥次郎元原子力安全委員長、田中俊一前原子委員会委員長代理ら、これまで”原子力発電推進派”と見られてきた、東大、京大、東京工大などの名誉教授ら、著名理科系学者、16人はこのほど緊急会合を開き、今回の大事故を極めて遺憾な事故と断じ、その被害を大きくこうむりつつある日本国民に対し、深く陳謝する旨、異例の”懺悔(ザンゲ”)声明”を発表した。松浦、田中両教授らによる”懺悔声明”は、今回の大事故を、1986年4月、旧ソ連(現ウクライナ)で起こったチェルノブイリ事故と同級の”最悪事故”と断定して、今日まで公けにされてきた政府関係者、とりわけ東電側の発表よりも、コトの重大性と、事故対策の遅れを、きびしく批判している。これら老学者たちの”懺悔声明”の大要は、次のとおり。

<1>福島第一原発事故では、壊れた原子炉などから、長期にわたり放射性物質が放出、拡散され、わが日本国土を広く汚染する恐れがある。
<2>私たちは固唾(カタズ)をのんで事態を注視してきたが、大事が完全に終息する見通しは立っていない。
<3>とくに懸念されるのは、溶融炉心や圧力容器が高熱で溶かされ、さらに格納容器に”飛び火”し、大量の水素ガスを発生させて、原子炉を爆発させ、施設全体が大火災におちいるコトである。
<4>これまで原子力発電を推進させてきた我われ責任者にとっても、こういう事態は予想できなかったコトだった。本当に国民に対して申しわけない。一刻も早い事態の収拾を祈るばかりである。

 他方、東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイが外電等を綜合して同日、報ずるところによると、今回、大事故をおこした福島第一原発の原子炉は約四十年前、米ゼネラル・エレクトリック(GE)が設計、建造した超・旧式の「マーク1」で、学者、研究者、技術者間には、同炉の取り替え、あるいは改良を望む声が強かったが、東電社内で Cost  Cutter (万事、切り詰め主義者)の異名をとる清水正孝・東電社長は、これらの要求を拒み続けていた、という。この旧式「マーク1」 型炉については、すでに1980年代なかば米原子力規制委員会などが「事故によって、燃料棒が過熱し溶解する可能性が90%もある」と警告していた、とも日刊ゲンダイは伝えている。  (R・H)
一昨日、「大余震の到来か?“今後一ヶ月以内に、茨城県沖か、千葉県沖にM7-8の大余震の可能性を”と書いたが、昨日不幸にも的中し、M6の余震が千葉沖と北陸であった。これだけ余震が続くと、ボクシングのジャブのように、地盤も家屋もだんだん弱ってくるのが、原発事故同様いやそれ以上に心配だ。
今朝の「新報道2001」を聞いて、党利党略の議論は情けなかった。特に岡田幹事長の笑みを浮かべた議論には怒りを覚えると共に、内閣のなかに、“屋上屋”を重ねるが如く、夥しい対策本部のあることに驚いた。これでは正に“会議は踊る”の譬え通り、菅総理はブレルし指導力はなし、復興は遅々として進まないのではないか。
時期が時期だけにお断りしたのだが、逆にこんな時期だからこそ、元気を出すべきだということで、昨晩私の全快祝いを、甥夫婦、姪二名に妹の五人で居酒屋でしてくれた。
談論風発、和気藹々のうち、春の夜長をで楽しんだ。こんな笑いが、一日も早く被災者に訪れることを望みたい。(T)

テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
ドイツのメルケル首相(女性)、原子力発電の早期廃棄を約束する!
ドイツ”大連立”政権のアンゲラ・メルケル首相=キリスト教民主同盟(CDU)代表、女性=は4月15日、日本で先月11日おこった東日本大地震により爆発寸前の大打撃を受けた東電福島第一発電所の大事故と、この事件などで惹起された日本政局の大混乱に、衝撃を受け、全独16州の州首相、特別市長らを集めて、緊急会議を開き、現在、ドイツ国内使用電力量の四分の一に上っている原子力発電への依存を、一刻も早く断ち切る決意を表明して、出席者一同の賛同を得た。全日本で原子力発電所が18ヵ所、原子炉総数が55基という日本の原発への”過重・依存”に比べると、ドイツの場合、これまででも原子力発電所が3ヵ所、原子炉総数が17基と、規模がズッと小さいが、メルケル首相はまず旧式などの原子炉8基を廃棄する方針である。

さらに、メルケル首相はこの緊急会議での席上、6月までに閣議で、原発・全面廃棄後は、発電源のほとんどを、風力、地(下)熱、太陽光など、無限に採取できる(?)自然のエネルギー源から取って行く方向に、電力政策を切り替えて行く方針も、表明している。

ドイツは環境汚染に対する反対運動が先進国中、最も強い国で、第一福島原発事故は大々的に報ぜられ、同事故以後、”反・原発”デモが全国的に展開されている。このほどドイツ南西部二州で行われた州議会議員選挙では、環境汚染反対の”緑の党”が大勝し、大州、バーデン・ビュルテンベルク州(州人口、1073万余人)では、ドイツ政治史上、初めて”左がかった”この反・環境汚染政党から州首相が選ばれようと、している。

ただ、先進諸国でも米英などの原発依存度は強く、とくにフランスは発電量の78%まで原子力発電に頼っている。現在、産業規模の拡大に熱中している新興経済大国(BRICs)は、中国が先頭で原子力発電所増設に積極的で、4月14日、中国海南島で開かれた中、印、露、伯(ブラジル)、南アの5BRICs首脳会議では、その安全基準を高めるとともに、今後も原子力発電所増設を続ける方針を申し合わせた。
【2011/04/17 10:01】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ