プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
大不況の到来か?
2011/04/07 [Thu]08:32
category:放言
『東日本大震災、今夏の酷暑期を迎え、節電や計画停電などを理由に、企業が100万の労働者、サラリーマンの「クビを切る」可能性、夕刊フジが政府、東電などによる”3次災害”を予告!』
 東日本大震災による”1次災害”を、大津波による溺死や東京電力福島第一原子力発電所の大事故とし、”2次災害”を、流出した有害・放射性物質などで農水産品を損なわれた農漁民の被害だとすれば、その次に来る”3次災害”とは何を指すのだろうか。東京首都圏の大衆紙、夕刊フジは4月6日、酷暑の盛夏や物流の停滞などを理由にして、東電や政府などが”強行”する節電や、計画停電などで、工場の全部もしくは一部を操業停止に追い込まれるであろう大中小企業が、派遣社員、正規社員らを”解雇”する事態を、”3次災害”と定義ずけている。同紙は労使双方から取材した結果として、今夏は約100万人の労働者、サリーマンらが”クビを切られる”危機になる、と一面で報じた。

 菅直人内閣の一員である海江田万里経済産業相まで4月5日の記者会見で、今夏は起動エンジンの回復やエアコンなどの”消夏”フル回転のため、過大な電力使用が見込まれるため、電気事業法27条にモトずき、各工場、各戸ごとに電気使用・限度量を設け、強制力をもって節電させる方針を発表した。当然、予想されるのは、大中小企業などが取るであろう自主的・減産体制であって、「会社側がまず派遣社員を、次いで正規社員まで、企業温存に要る所要数まで、一方的に無期限自宅待機や”解雇”に踏み切るだろう」と関根秀一郎「派遣ユニオン」書記長は見通している。同ユニオンの投稿板「雇用を守るホットライン」には、すでに”一時帰休”とか、”労賃未支払い”などを訴える苦情が連日、舞い込んでいるという。

 労働基準法26条では、これら会社側の”勝手”による労働者たちへの”一時帰休”などに対しては、賃金の60%支払いを保証せねばならぬコトになっているが、反面、労働省(現・厚労省)からは1951年、「停電など、やむを得ぬ事態で労働者らを休業させる場合は、給与などを支払わなくてよい」という通達も出されており、”3次災害”の”逃げ道”も作ってある。米有力紙、ニューヨークタイムズは3月末、節電や計画停電を理由にした日本企業による”人員整理”の可能性を指摘し、「そんなコトをしていたら、イツまでたっても、日本経済は復活しないだろう」と、警告している。   (R・H)
数日前、このブログで、「日本発、世界大恐慌か?」と書いたが、夕刊フジの予想記事が実現すれば、ニューヨークタイムスが指摘するように、東日本を中心に大不況が到来する可能性がある。そうならないために、グズ菅を一日でも早く引きずり落とし、強力な指導者の実現が目下の急務である。
11日の大地震・大津波・福島原発事故以来、面白いHなネタを紹介する気にもならず、暗い記事ばかりだが、明日からは偶には気分転換に、気さくなメールを紹介することにする。  (T)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
ミッション系の清泉女子大が男子大学生でも、東日本大震災・被災学生なら、一年だけ引き取って教育する!!
ミッション系の清泉女子大学(東京都品川区)は、このほど女子学生だけでなく、”性別を問わず”、男子学生でも東北被災地の大学生で、東京都やその周辺に避難、疎開して、同女子大に”通学“可能の学生ならば、在学一年にかぎって、引き取って教育する方針を、決めた。ふつうなら清泉女子大は、一単位、1万5000円の履修、調査費を徴収するが、彼ら東北からの疎開学生に対しては、”男女の性別を問わず”、いっさい徴らない。単位履修後、試験に合格すれば、履修証明書を発行して、元の大学に復帰させる。同女子大内にも「オトコの子」まで、女子大が引き取るとは”大問題”だ」と、クビを傾げるむきもあったが、”国難”克服に協力せねばイカンという、学校経営者側の意見が多数意見を占めた。清泉女子大は約六十年前、発足した文学部しかない単科大学で、これまで在学していた学生は「オンナの子」ばかり約1900人。
【2011/04/07 10:17】 URL | R・H #- [ 編集]

東日本大地震、岩手県宮古市を襲った大津波は高さ37・9メートル!
このほど朝日新聞が伝えたところによると、今回の東日本大地震で起った大津波で最大の高さは、岩手県田老地・小堀内海岸に押し寄せた大津波で、標高、37・9メートルに上る大波だったコトが分かった。日本では1896年(明治29年)、同じ三陸海岸で起った大津波で、岩手県大船渡市綾里海岸に標高、38・2メートルの大津波が打ち寄せた記録がある。世界的に見れば、2004年、インド洋大地震でスマトラ島(インドネシア領)北岸を、標高、48・9メートルの大津波が襲った、と記録されている。
【2011/04/07 09:31】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ