プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
世界最大の義挙。
2011/04/05 [Tue]07:47
category:放言
以下のニュースは、昨日の夕刊やテレビで大きく報道されたが、実は、R・H氏から朝9時に送られてきたものである。
『大至急時評、百億円を東日本大震災に寄付した”在日三世”孫正義氏と、”母親におネダリ”し続けの鳩山兄弟!』

 あえて、僕はその人のコトを”神才”と呼ぼう。佐賀県鳥栖市うまれ、北九州市八幡西区育ちで、高校から大学まで米国で学んだ”在日三世”のその人、ソフトバンク社長、孫正義氏(53歳)は、ケータイ進出などで、IT業界を制覇し、巨億の富を積んで、世界リッチマン番付け上位に列しているが、ナンとその個人財産から100億円を、東日本大震災の被災者、とくに被災孤児の教育費として、寄付する旨、発表した。孫氏はさらに2011年度以降、年収1億1000万円にナンナンとするソフトバンク社長の報酬を、社長引退の日まで、被災者救済に寄付し続ける、という。ソフトバンクは確かに孫氏の”個人会社”的な色彩が強いが、こうした巨額の対”社会還元”は「神のみぞ知る”義挙”」と言えよう。

 それにつけても、同じ九州関係者ながら、世界的なタイヤ財閥、石橋家の養子(?)、鳩山由紀夫(64歳)、同邦夫(62歳)兄弟の所業は、見ておれない。由紀夫・邦夫兄弟は、明治以来、東京・文京区などを地盤とする名門政治家の生まれながら、独り立ちしてノシ上がってきた自民系政治家に”選挙で負け”つずけ、兄・由紀夫前総理は先祖伝来の大農園がある北海道南部に、弟・邦夫総務相は母・安子さんのサト、福岡県久留米市(石橋ブリッジストーン財閥の本拠)に、それぞれ転居し、ようやくその議席を保持し得た。しかも鳩山兄弟は、石橋財閥の”可愛いっ子”チャンである実母、安子さんから年々、億円単位の”政治的おコズカイ”をおネダリして、貰い続け、由紀夫兄は”私党(?)”民主党に注ぎ込んで、宰相の座を”買い(?)取った”。

 この九州一・大財閥の養子(?)、鳩山兄弟からは、東日本大震災に対する”義挙”のハナシを聞いたコトがない。一銭たりとも寄付していないのだろう。日本の政治を、私的に動かすコトばかり考えてきた石橋家の養子(?)、鳩山兄弟の”お母さま頼り”に、あきれ果てるとともに、”在日三世”孫社長の思い切った義挙に感動する。
(R・H)
こんな天下の義士(韓国第三世)が一時的とはいえ、黒崎で育ったとは地元の最大の誇りだ。政治家は寄付が禁止されているとは言え、鳩山兄弟は何と浅ましいことか。義憤を覚える。
雑誌5月号の『正論』ー総力特集ー【巨大地震の惨禍・・・国難を乗り越えろ!】は全編、感動と感銘と義憤を覚えた。中でも、90ページの前宮城県知事・梅原克彦氏の提言、「首相と官房副長官に告ぐ」は、書店で立ち読みしてでもお読み頂きたい。貴方に赤い血が流れていたら怒髪天を衝くだろう。  (T)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
ミスター・デブコ東電社長、福島第一原発事故から四週間ちかくなってもトンズラ、公けの場に姿を見せず!!
東日本大震災で東京電力・福島第一原子力発電所が”大破損”し、致死性有害・放射性物質を日本内外に撒き散らし始めてから四週間ちかくなる、と言うのに、最高責任者の清水正孝社長(66歳)は事故直後、一回、記者会見に出ただけで、その後、公けの場に全く姿を現していない。福島第一原発事故の被害は全世界に及んでいるだけに、欧米諸マスメディアも、この清水社長不在には首をかしげ、日本の責任体制はどうなっているのか、と疑問符を呈している。

東電側は、清水社長が今回の原発”大破損”事故前後から心身不調で、緊急入院中と、弁解しているが、一部イタリア紙などは、同社長が肥満体質だったコトから”ミスター・デブコ”というアダ名をつけ、”デブコ・トンズラ”と、大きく伝えている。清水社長はもともと資材調達畑の出身で、「かける費用は安くし、儲けを大きくする」達人だった、という評判があり、欧米紙などは「ミスター・コスト・カッター(Mr. Cost Cutter)という異名を呈していた。英エコノミスト誌などは、Mr. Cost Cutterが経済産業省などとの慣れ合いで、経費を節減して、今日の深刻な事態を招いた、と非難している。

ドイツの有力紙、ヴェルトは、日本政府や東電の情報公開が極めて消極的だと、叱責し、フランクフルト・アルゲマイネ紙は「原子炉冷却のための海水注入などの初動操作が遅れた」と、批判した。米ウォールストリート・ジャーナル紙は「日本には原子炉の緊急事故に対する、チャンとした指針がなかった」と、非難し、仏ルモンド紙は、今次事故に対し菅直人総理がいたずらに現場視察を強行し、会社側の事故対策を遅延させたと、菅首相の判断力の鈍さや指導性の欠如に、首を傾げている。
【2011/04/05 08:59】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ