プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
大本営発表は真実か?。
2011/04/03 [Sun]08:21
category:放言
『福島第一原発事故、長老・原子力学者の警告どおり2号機・原子炉から高濃度の汚染水が海に流出、米側は同原発の安全レベルを最下位スレスレに落す、ただ米側の支援態勢は増強!』
 石野栞・東大名誉教授ら、我が国の長老級、原子力学者、約20人は4月1日、緊急会合を開き、東京電力・福島第一発電所の”大破損”事故について「東電や政府の修復対策は手ぬるい」という意見で、ほぼ一致したが、ナンとその翌2日午前、原子炉構成部分の約三分の一が損傷したモノとみられる原子炉2号機の余剰物排除口(ピット)の穴が拡がり、含有・有害放射性物質、毎時、1000ミリシーベルト以上という”超有害”高濃度汚染水が、付近海面に押し出されているのが、発見された。緊急会合に出ていた田中俊一・元日本原子力学会長らが、「1,2,3各号、原子炉とも、炉内にあるプルトニゥムなどの原子力発電・燃料が溶け続けて、外に放出され、その圧力で、炉外の海、陸との接触を遮断していた保護壁が突き破られつつあり、非常に危険だ」と、鋭く警告したばかりだった。

 他方、米エネルギー省のチュー長官も4月1日、日本の原子力発電所は、福島第一原発をはじめ、有害放射性物質を除去、遮断する装置が「モロい」と、批判したばかりで、米国における最大のシンクタンクと目されている米科学国際安全保障研究所(ISIS)も同日、福島第一原発を、安全レベル最下位にちかい「6」に格下げしていた。これに比べると、わが経済産業省の原子力安全・保安院の判断はあまく、福島第一原発の安全レベルを、「3」ないし「5」と、より上に見ていた。ISISは、同原発の原子炉は、各号機とも炉内にある燃料棒の露出度が大きく、以前から「危険なコトは分かっていたハズだ」と非難し、三十二年前、米ペンシルバニア州スリーマイル島で起った原発事故(安全レベルは「5」)より、劣悪だったのではないか、と苦言を呈している。

 ただ米政府、米軍の福島第一原発事故に対する支援態勢は、日ごとに増強され、世界最大かつ最長といわれる、クレーンの高さが100メートルに近いという、コンクリート放出・補強機が、超大型輸送機に搭載され、来週中にも福島県の原発事故現場に送り込まれるコトになった。米メリーランド州に駐在する米海兵隊・放射性物質汚染除去部隊、約200人も福島第一原発事故現場に派遣されるコトになり、先遣隊は4月2日、米軍横田飛行場に到着した。米マサチューセッツ州にある原発事故対策専門会社、バーレット・ニュークリア社も高度専門家、約20人を派日する。英デイリー・メール紙の報道によれば、彼らは世界一流のエキスパートとみなされているだけに、”時間給”5000ドル(42万円相当)と、いわれている。
(R・H)
昨晩、「週刊現代」4/9号 【福島原発「隠された真実」】の一部を読んだ。怖くて身が震え、全部読むことができなかった。政府の大本営発表が本当か、「週刊現代」の記事が本当か。週刊誌だから多少の誇張があったとしても、また真実が、記事の十分の一、百分の一としても身の毛がよだつ。
私は余命幾ばくもないが、もし私の子どもが、大学進学に関東地区を選ぶとしたら猛反対する。それほどその内容は怖かった。判断の材料に、一読されることをお勧めする。
九国大附属高校よく頑張ったが残念でした。 (T)

テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
東京電力が福島県民をさらに逆ナデ、放射能汚染の大事故がおこった福島第一原子力発電所に原子炉7,8両号機の増設を計画!!
読売新聞は四月三日、今次・東日本大地震により”大破損”し、既設・六原子炉(発電用)のうち、少なくとも原子炉 1ー4 号機が”廃炉”寸前の運命に追いやられている東電・福島第一原子力発電所で、新たに原子炉 二基 (すなわち 7、8両号機) の増設を盛り込んだ 電力供給計画書を、政府の資源エネルギー庁に届け出ていた、と報じた。この東電・福島第一原発における原子炉 二基の増設計画は、3月11日、東日本大地震がおこり、同第一原発が再起不能(?)の事故にあったのち、提出されたモノで、この事故により、自作・野菜などが致死性・有害放射能含有の理由で、県外移出を禁止されている 福島県民の感情を、逆ナデする措置といえる。東電に対する福島県民の怒りが、さらに高ぶっているのは言うまでもない。東電側は、福島第一原発における原子炉 二基増設を盛った、この電力供給計画書について今後、修正可能と、自己弁護している。
【2011/04/03 09:23】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ