プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
未曾有の危機を憂う。
2011/04/02 [Sat]09:07
category:放言
『致死性・有害・放射能ガスの東京”襲来”を恐れ、外資系など企業の一部機能が関西へ、大阪への首都遷都論も、事故をおこした東電福島第一原発の完全”廃炉”には100年もかかる?、被災農地などを政府が買って国有地化か??』
 東日本大震災によって今後、長年月、日本国民に恐怖感を与え続けそうなのは、東京電力・福島第一原子力発電所の”大破損”事故と、ここから首都・東京などに”降って来る”恐れがある致死性・有害・放射能ガス(物質)の広域拡散だが、東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイは4月1日、ベストセラー「日本辺境論」等を著した内田樹・前神戸女学院大教授らの発言を引用して、明治維新以来、”東京一極集中”だった首都機能の地方分散化にむけた国民的合意が形成されつつある、と記述し、極端な場合、東京から大阪への首都遷都論が提唱されるだろう、と予想した。すでに福島第一原発事故地点から、距離100キロ前後の東京から、海外へ”脱出”しようとしている欧米人、中国人などで、成田空港は連日、ゴッタがえしているが、日本国内でも京阪神などの高級ホテルは、外資系を中心にした在京企業の一部機能・関西移動による企業幹部職員らの宿泊で、むこう数ヵ月間、予約は満員とも言われている。八十八年前の関東大震災の際、京浜の金持ちたちは我を忘れて、京阪神に一時移住したが、同じような富裕層・関西移動が始まっている、とも日刊ゲンダイは伝えている。

 一方、サルコジ・フランス大統領は3月31日、急きょ来日して、わが菅直人首相に対し、”大破損”して致死性・有害・放射能ガス(物質)拡散の恐れがある東電・福島第一原発の取りかたずけや廃材処分などに、全面協力する旨、約束したが、たとえ日仏協力が円滑に進んでも、三十余年前の米スリーマイル島原発事故・後始末に見られるように、福島第一原発も原子炉冷却化までに平均10年、原子炉全部を処理してモトの原野に返すまでには最低100年もかかるのではないか、と日刊ゲンダイは報じている。全国紙の朝日新聞は、こうした災害復興などのため、新財源として特別消費税創設や、大震災復旧を名目にした国債発行の動きを報じたが、フジ産経系の夕刊フジは4月1日、福島第一原発事故などの被災農地などを、政府が国費で買い取って国有化し、その代金を受け取る農民らの”復活”資金にあてる案も浮上していると、報じている。(R・H)
昨日のR・H氏の二編のコメント是非お読み頂きたい。
昨晩の私を酒の肴にした懇親会に、K君夫妻、N、E、S、Tの諸君が集まり、東日本大災害にたいする政府の対応を含む、政治への憤りと、60数年前の中学時代の思い出と、老人特有の健康問題やHな話に花が咲き、私は持ち歌の一つ『影を慕いて』を歌い、最後は学徒動員の歌『嗚呼紅の血は燃える』を斉唱して和やかなうちに、少し早いが9時に散会した。
 友情の温かさを満喫した春の夕べのひとときだった。なかでも特に嬉しかったことは、K君夫妻の思い遣りと、辛口批判をするN君から初めて、「自祝!誕生日」のコメントを褒められたことだ。  (T)

テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
致死性・有害放射能ガス(物質)飛来が”必至”と見たのか、首都・東京から疎開する芸能人が目立つ、海老蔵・麻央夫妻は博多へ、ミネラルウォーターを買占め?
東日本大震災で原子炉が”廃炉”寸前にまで追いこまれた東京電力・福島第一原子力発電所から噴出する超大量の致死性・有害放射能ガス(物質)を恐れ、原発事故現場から100キロ前後の東京への飛来、拡散を”必至”と見て、西日本や海外に疎開、”亡命”しようとしている芸能人が目立っている。インターネット上のブログ・ニュース等によると、伝説的フォークシンガー、吉田拓郎は海外にある自分の別荘に当分の間、避難するというが、多くの芸能人にいちばん気に入られているのは、Aクラスの劇場、博多座を持ち、東京なみのファッション都市としても名高い”福博の街”らしい。

映画俳優でタレントの永山瑛太=略称、瑛太=(28歳)と、ロックシンガーの木村カエラ(26歳)の夫婦は、ちょうど瑛太が映画で福岡ロケ中ということもあって、そのまま福岡市内に腰を落ち着け、1歳半の男の子と一緒に暮している。東京・六本木のバーなどで、チンピラとトラブり、その責めをとって、名古屋・御園座における”二月大歌舞伎”を”降板”した十一代目・市川海老蔵(33歳)と、彼の妻で女性タレントの小林麻央(28歳)の夫妻も、放射能被災”必至”の東京を”脱出”して、まず関西方面に逃げたが、けっきょく彼らが腰を落ち着けたのは、東京から1200キロも離れた”福博の街”だった、という。海老蔵・麻央の夫妻は福岡市内のコンビニで、棚にあった500ミリリットル入りミネラルウォーター、ペットボトル約100本を、全部、買い占めていたのが、居合わせた地元の客に現認された、と週刊女性セブン近刊号は報じている。

この海老蔵・麻央夫妻の振る舞いには、さらに尾ひれがついていて、彼ら夫婦はそのうち40-50本を、その場で東京の留守宅に宅配便で送りつけたとか。そのため今、飲む飲料水に不足したのか、御二人は徒歩で、さらに数分先きのドラッグストアにおもむき、ここでもミネラルウォーターを数十本、買いこんだというコトである。
【2011/04/02 10:55】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ