プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
菅内閣の無能振り。
2011/03/28 [Mon]08:18
category:放言
『東日本大震災、いまなお富士、阿蘇、九重など、日本列島の13”休火山”が地盤プレートの歪み、移動などで、噴火への潜在的な危険状態にある、産経新聞の報道』
 産経新聞は3月26日まで気象庁など、災害関係の諸官公庁を取材してきた結果として、今次・東日本大地震で、地底、海底のプレート(岩盤)が、いまなお多かれ少なかれ歪み(ヒズミ)を生じ、移動、振動、亀裂など、余震を続けているので、冨士山、阿蘇山、九重山など、広く日本列島にマタがる13の”休火山”で、地底”火山流”の流れが通常時より早く、潜在的に噴火の危険があるため、むこう二、三ヵ月間、厳重な警戒が必要だ、とする警告的な記事を掲載した。産経新聞が報ずる”危険な休火山”は、次のとおり。
(1)冨士山、(2)箱根山、(3)日光・白根山、(4)焼岳(日本アルプス)、(5)乗鞍岳(同)、(6)伊豆大島・三原山、(7)新島(伊豆諸島)、(8)神津島(同)(9)鶴見岳・伽藍岳(大分県)、(10)九重山(同)、(11)阿蘇山(熊本県)、(12)中之島(南西諸島)、(13)諏訪之瀬島(同)。
 また仏AFP電が3月25日、伝えるところによると、フランス国立放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)が、東日本大地震(ならびに大津波)で”大破損”事故を起こした東京電力第1福島原子力発電所を現場調査した結果、その原子炉1号、2号、3号各機の”破壊”状況がヒドく、「いずれも先行き不安の深刻な危険状態が、あと数ヵ月つずく可能性が大きい」との見通しを示した。   (R・H)
不安を煽るわけではないが、地球そのものが火の玉である以上、どこで大地震が起こってもおかしくない。大切なのは、自然に謙虚であることではないだろうか。心構えとして、“備えあれば憂いなし”。
昨日の『たかじんの委員会』は、久し振り見応え、聞き応えがあった。
視聴された方はご存知のように、「東日本大震災特別番組」で、常連の外、各界のエキスパート8名がパネラーとして出席していた。特によく喋り強く印象に残っている方は、中村仁信・武田邦彦・岸博幸・飯島勳・志方俊之の諸氏である。
話の内容で、私にとって大変役だったことは、被爆の被害が殊更に誇張されていることだった。中でも出席者全員、異口同音に声を大にして非難したことは、超法規で対策を講じなければならないのに、右往左往した菅直人の無能と政治家全員の不信とマスコミの報道であった。
共同通信の世論調査の内閣支持率と大いに異なり、今回の災害での最大の不幸の一つは、菅内閣の下で起こったことだと極言したパネラーもいたほどであった。私の菅内閣及び政治家への怒りは、率先垂範して30万か50万円でも救援金を出さないことに加え、事もあろうに問責決議をされた仙谷由人を官房副長官に任命したことだと思っている。 (T)

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
十万倍の放射性物質を含む汚染水であっても、そこに4時間、浸かっていたら、三十日以内に死亡が確実、産経が報道!
東京電力は3月27日、福島第一原子力発電所で被災し破損した、原子炉・第2号機の地下たまり(汚染)水の有害・放射性物質の量を、通常時の十万倍である1000ミリシーベルトと訂正、再発表したが、産経新聞等が専門家に当たって調べた調査報道によると、この量であっても、作業員らが3分、そこにいただけで、人間の肉体が必要かつ保有しているリンパ腺の量は急激に減少し、万一、4時間も居続けると、その人はこのあと三十日以内に”死亡すること確実”と報じられている。福島第一原発の放水口付近で同日、採取した海水に含まれていた放射線・沃素(ヨーソ)は、これまで法令で定められていた海水内・同沃素・限度量の1850倍も濃厚な海水だった、とその危険性を伝えている。
【2011/03/28 15:05】 URL | R・H #- [ 編集]

東電・福島第一原発の事故現場から洩れ出る有害・放射性物質は通常時の十万倍、米ワシントン・ポスト紙が報道!
ニューヨーク・タイムズ紙と並ぶ米ジャーナリズム界・最大の有力紙、ワシントン・ポスト紙は3月28日、東京発で、東京電力・福島第一原子力発電所の”大破損”事故による、有害な放射性物質の漏洩(”汚染”)量は前日、通常時の十万倍という”最悪事態”に至った、と報じた。東電側は当初、福島第一原発の原子炉(2号機)から排出された有害・放射性物質は、通常時の一千万倍という”天文学的”数字を発表していたが、その後の調査でこれが”誤算”だったと、訂正したのだが、それでも「放射線物質の漏洩量は通常時の十万倍」という高さになっている。ワシントン・ポスト紙は、このため会社側は作業員の安全をはかって、原子炉付近で働く修復・作業員一人の平均作業時間を十五分に限っている、とも報じている。
【2011/03/28 09:37】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ