プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
暗い時代のなかの痛快事。
2011/03/20 [Sun]08:14
category:放言
『我が国政財界の名門にツナがる鳩山邦夫元総務相の次男、二郎氏(32歳)が福岡県知事選挙に立候補(?)、ナンと河村たかし名古屋市長の政党「減税日本」の推薦候補とか!』
 先祖伝来の地盤、衆院選・東京2区(文京区など)では負けどおしのため、母親・安子さんのお里を頼り、”石橋ゴム財閥”の本拠地、福岡6区(久留米市など)に、御みずからの選挙区を移した鳩山邦夫・元総務相(62歳、自民党)。”政界の名門”出を誇る御父君、邦夫”先生”の秘書として、おヒザ元、筑後地方はもちろんのこと、福岡、北九州両市などにも、アッチの血が混じった端正な顔を売ってきた次男、二郎氏(32歳)が、今春半ばには投開票予定の福岡県知事選挙に、立候補するコトになった。

 このニュースは読売新聞(電子版)が伝えたトクダネで、実際に二郎氏が立てば、今次・福岡県知事選挙では、自民、公明、社民、国民新、四党が、既にその立候補を推薦している元内閣広報官、小川洋氏(61歳)と、共産党の推薦候補、田村貴昭・元北九州市議(49歳)との三つ巴戦になろう。鳩山家の血が流れている鳩山二郎氏は学習院こそチャンと高等科まで出て、大学は「慶応大」出身と言っているが、何学部なのか、学部卒業なのか、中退なのか、ハッキリしない。確実なのは、先祖代々、我が国政財界にツナがった血脈や”太いパイプ”と、その母親が1960年代まで旧・高見エミリーとして、我が国少女雑誌の巻頭を飾った日豪(英系)混血の美少女アイドルだった、ということだろう。
実は、この福岡県知事候補(?)、鳩山二郎氏を、先般、名古屋市議会定数と同市議報酬額に対し、それぞれ半減しようと、名古屋市民に訴え、”やり直し名古屋市議選”した結果、市議会第一党に躍り出た河村たかし現名古屋市長(元民主党衆院議員)の与党「減税日本」が惚れこみ、二郎氏を「減税日本」推薦候補にようというハナシがあるのだ。”石橋ゴム財閥”の看板娘で、鳩山家に嫁入りした安子さんから、御子息、由紀夫(前総理)、邦夫(元総務相)御兄弟が巨額のオコズカイを貰って、政治資金に使い、これがアトでばれて問題になり、御兄弟とも課徴金つきで追加納税したのは、つい一年ほど前の話題だった、と思うが・・・。   (R・H)
私は兼ねてから、選挙は対立候補がいて切磋琢磨すべきとの持論を持っている。
ところが、我が福岡県は、民主が腰砕けで、共産を除く、自民・民主・公明・社民・国民の各政党を始め、各団体のことごとく、麻生渡知事の傀儡(かいらい)?と思われる前官僚・小川洋氏を推薦または支持を打ち出している。これでは選挙前から勝負が決まった大政翼賛会的選挙で、県民のためにならないどころか、麻生の院政が予想される。このブログで知人を通じて、11区から「みんなの党」から衆議院に出馬予定の佐藤正夫氏に、「減税日本」推薦で知事選出馬を促したことがある。残念ながら実現せず、私は不本意ながら、白票か共産党に投票するつもりでいた。
今回、我が尊敬する河村たかし氏推薦で、鳩山二郎氏の知事選出馬が事実なれば、こんな痛快事はない。もし落ちても10区か11区から衆議院に出馬すればよい。   (T)
  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
鳩山二郎氏はナンと福岡県知事選挙への出馬を、すぐ断念!!
今春の福岡県知事選挙への出馬を検討していた、鳩山邦夫元総務相の次男、鳩山二郎氏(32歳)は3月19日深夜、久留米市で読売新聞記者と単独会見して、諸般の事情から、今回の同県知事選には「立候補を断念する」旨、伝えた。鳩山二郎氏には、河村たかし名古屋市長の地域政党「減税日本」などからも推薦候補にしたい旨、接近があったが、「経験も準備もまったく不足しているので、今回はアキラめた」と、二郎氏は言っている。もっとも、二郎氏は「”既存政党あい乗り”選挙になりそうだった福岡県知事選に、一石を投じたい気持ちはあった」と、”残念の念”をニジみ出しており、父・邦夫氏や石橋財閥側からのブレーキ「待った」が知事選断念の真因ではないか、とみられている。二郎氏は引き続き父・邦夫元総務相の秘書に専念する、と言っている。
【2011/03/20 17:07】 URL | R.H #- [ 編集]

「減税日本」は名古屋市議の報酬(年額)を以前の半分、約800万円にする条例案を市議会に提出、統一地方選には全国で地方議員ら約100人の当選をめざす!
さる3月13日の”出直し”名古屋市議選挙で、地方行政・大刷新を掲げる河村たかし市長(元民主党衆院議員)引率の”市民革命”志向政党「減税日本」は、得票率34・5%で、28議席を獲得し、第一党(市長与党)に躍進したが、同「減税日本」は3月18日、これまで約1600万円を貰っていた名古屋市議の報酬(年額)を半分、ケズって、5月1日から約800万円に半減する条例案を、市議会当局に提出した。名古屋市の3月市議会は同月24日、開会され、月末まで開く予定で、「減税日本」は他政党の同調を求めて、猛工作している。

”出直し”市議選以後、「減税日本」以外、他党の市議場における議席数は、自民党19、公明党14、民主党11、共産党5で、とくに従来、第一党だった民主党の退潮がいちじるしい。「減税日本」は、近く行われる東京23区の区議選に、早くも10数人の候補者擁立を決めており、統一地方選では全国で100人ぐらいの地方議員ら当選を目指している。
【2011/03/20 10:14】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ