プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
小沢一郎にもの申す。
2011/02/05 [Sat]09:06
category:放言
『強制起訴された小沢一郎元民主党代表に対する与党内での処分、緊急役員会でも先き送り、かつて”反小沢”的だった田中秀征氏も「小沢氏は無罪になろう」という見方』
 与党、民主党は2月3日、国会内で臨時の緊急役員会を開き、その政治資金管理団体による土地購入に関し、不正記載があったとして、強制起訴された小沢一郎元民主党代表に対する、同党内での処分をめぐって議論をかわしたが、離党勧告や党員資格停止など、厳しい処分を主張する菅直人総理、岡田克也幹事長らの強硬意見は通らず、結論はさらに先き送りになった。緊急役員会における多数意見は、「強制起訴に付せられた以上、小沢氏に対しては、ナンらかの処分をとるべきだ」という主張だったが、、他方、小沢氏に近い輿石東参院議員会長らは「検察陣ではなく、”素人の集団”である検察審査会の議決による強制起訴で、訴訟そのものに無理がある」と述べて譲らず、結論は持ち越しとなった。

 民主党内における黒田雄衆院議員ら、当選1-2回の小沢氏に近い国会議員グループは同日、やはり集会を開き、「無理して強制起訴されても、小沢一郎氏は無罪になる可能性が高い。小沢氏処分を議論すること自体、”勇み足”だ」という見方で一致した。約二十年前、非自民的な細川護熙首相の下で総理特別補佐を務めて、”反小沢“路線を固持し、自民、社会ならびに新党「さきがけ」連立による第一次橋本(龍)内閣で、経済企画庁長官を務め、現在、福山大学客員教授になっている田中秀征氏も、ダイヤモンド誌近刊号で、小沢一郎氏を強制起訴した件に触れ、「有罪とすべき新事実が発見されないかぎり、常識的に考えて、小沢氏は無罪になろう」と、述べている。田中氏は、さらに菅総理らによる”小沢斬り”の進め方を批判し、「小沢氏を民主党から”切り離した”ところで、政権運営がウマく行き、菅内閣支持率が上がる、という保証はない」とも述べている。   (R・H)
度々名前を借用した村上正邦氏(元自民党参議院議員会長)が『正論』3月号に寄稿した『小沢一郎よ、今こそ民主党をぶっ壊せ』ー小沢氏を排除すれば民主党は必ず暴走する、それを止められるは小沢氏しかいない。稀代の壊し屋よ、このまな権力とカネの亡者に終わるなかれーの文章を親・反小沢の諸氏よ、是非一読されたい。
小泉元総理以後の日本の政治は、好むと好まざるとに拘わらず、小沢一郎を中心に回っていることは厳粛な事実である。私は、彼が本然の姿に立ち返って、政界再編の旗を振り中心になってほしい。
宮崎県民にお見舞い申し上げる。
牛の口蹄疫、鶏のインフルエンザに次ぎ今度は新燃岳の爆発と災難が続き気の毒でたまらない。東国原はこれを予想したかのように、己の名前だけを売って一期だけで、宮崎から逃げてしまった。与謝野馨と共に人間として、断固許されない。   (T)

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
週刊文春に激震ニュース、「自分の手で衆院解散をやる」と、菅総理が言明!
上記の小沢一郎氏処分に関するニュースと、まったく逆の報道も存在するコトも報告する。週刊文春は最近刊号(2月10日号)の”激震ニュース”として、菅直人総理が、彼の”側近中の側近”に対し、いずれ自分の手で衆院を解散するという決意を洩らした、報じた。菅総理は、衆院解散の時期を明示してはいないが、彼の”党内の敵(?)”小沢一郎元民主党代表は、最近、親小沢派の会合で、三月・衆院解散、四月・総選挙説を口にした、と伝えられている。自民党側はすでに年内早期解散をめざす動きを高めており、野党色をより濃くしつつある公明党とともに、政府、与党提出の2011年度通常予算案か、同予算関連法案を、今年度末の三月、不成立に導き、自民ペースで年内総選挙を勝ち取る構えである。

この週刊文春の記事のナカで、菅総理は次期総選挙について、民主党は相当数の議席減を覚悟している、と述べているが、小沢氏らは、民主党が100人以上の議席を失う大敗北になるモノと見ているそうである。しかし、衆院解散を「自分の手で行う」決意の菅総理は、次期総選挙も自らの主導権下で行う意向で、その際は、ついこの間まで民主党の土台骨だった鳩山由紀夫前総理と小沢一郎氏とを「党公認にしない」と言っている、と週刊文春は報じている。

菅総理の小沢一郎氏に対する敵意は、きわめて固く、今国会中に衆参両院・関係委に証人として喚問、もしくは衆院政治倫理審査会に参考人として招致し、小沢氏の”政治とカネ”にまつわる疑惑を糾明したい意向のようである。週刊文春によれば、菅総理は「今を措いて、小沢氏弾劾のチャンスはない」と、語っているそうである。
【2011/02/05 10:03】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ