プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
人倫に悖る卑劣な行為。
2011/02/03 [Thu]08:12
category:放言
 与謝野馨は、比例で辛うじて当選し、「反党行為をした場合、議員辞職する」との誓約書を交わしながら、事もあろうに、あれほど口汚く民主党を攻撃しながら、起用した菅総理もさることながら、嬉々として内閣の閣僚になるとは、理由の如何に関わらず、人倫にも悖(もと)る卑劣な行為で言語道断である。“君死に給うこと勿れ”の作詞で有名な祖母・与謝野晶子は、孫の無節操さに、草葉の陰で号泣しているだろう。
これは、「政治とカネ」の小沢一郎以上に(有罪と判決の場合)悪質だと思う。何となれば、カネは物だが、裏切りは崇高な精神・心の問題だから...。自民党の追求の仕方も,昨日も述べたように、戦略家も戦術家もいないしバカ丸出しだ。聴いてて生ぬるいのに、隔靴掻痒(かっかそうよう)の苛立ちを覚えた。
「政治とカネ」を集中審議するより、「与謝野馨」を集中審議すべきと思う。
 何度も書いたが、自民党の名幹事長として人生を全うした田中六助も、刑務所の塀の上を歩いていると言われ,カネに関し黒い噂が絶えなかったが、一昨年、刑期を終えた村上正邦も田中六助と共に、今では筑豊では、産炭地復興に貢献したというので神様扱いだ。(敬称略)
明日は、若者に嬉しい愉しいR・H氏のメールを紹介する予定。 乞うご期待。  (T)
『国会の檜舞台、衆院・予算委の主役は仙谷”カゲの総理”ではなく、菅首相本人と”転向“派の与謝野経財相、それなりに”健闘”(?)』
 1月末から始まった通常国会の檜舞台、衆院予算委の主役は、従来のように菅直人首相に代わって答弁に立っていた”カゲの総理”仙谷由人官房長官(当時)=現民主党代表代行=ではなく、菅総理本人と、自民党から「たちあがれ日本」を経て、民主党中心政権に”転向”入閣した与謝野馨経済財政担当相のご両人で、それなりに”健闘”している、と見る向きが少なくない。2月2日まで、衆院予算委では、自民党の石原伸晃幹事長、石破茂政調会長らが、与謝野氏の”政治的変節”問題などを批判したが、与謝野経財相は、未曾有の財政危機に直面して、”国難”克服のた”ご奉公”するのは「政治家として当然のミチだ」と答え、前・臨時国会における仙谷長官非難ほどの騒ぎには至っていない。

 菅首相には野党時代、自民党政権の歴代総理を攻め立てた、あの”鋭さ”、”歯切れの良さ”は今やないが、自民党総理の一人のように無学文盲(?)をサラけ出したり、答弁にマドうグズ菅、ダラ菅ぶりは見られなかった。菅首相の失言と言えば、中国の清(シン)王朝を”蒙古族の王朝”(正しくは満州族の王朝)と、東洋史の不勉強ぶりを見せつけたり、予算案等の超党派協議に応じなければ「歴史への反逆だ」と、過当な表現を使った程度で、菅氏はその直後、これらをすぐ訂正しているので、問題にならなかった。与謝野経財相は、過大な子ども手当支給など、民主党の選挙公約には、我が国の政治、経済に対する「無知から来る点が多い」と、思わず”本音(?)”を洩らしたが、アトでこれも民主党に陳謝、訂正している。

 むしろ、民主党から選ばれて予算委のスケヂュールを統括している中井ヒロシ衆院予算委員長が、自民党の塩崎恭久元官房長官を”塩崎教授”と誤って読んだり、議事進行中にカカって来た携帯電話に出て、議場をドヨモしたりした”失策”が多いので、自民党の一部委員から不信任案を出したらどうか、という声が上がっている。   (R・H)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
政界の仕事師(?)、東はヤマタク、西はベルルスコーニ、山拓の元”彼女”はパチンコ道プロ級、ベルルスコーニどんは17歳少女もお相手に!
かつては有力派閥の長として、自民党副総裁の座に”君臨”した山崎拓氏(75歳)も一昨年夏、一敗、地にまみれ、次期衆院総選挙に復活を期しているそうだが、お年もお年だし、”汚れ”を知らぬ福岡市民らの信望を再獲得できるか、どうか。あの”女性問題”で世を騒がした”ミス東中洲(?)”も、そのミチからは遠ざかり、もっぱらチンジャラ道に専念し、プロ(?)級のパチンコ師に栄進されているとか。

一方、西のイタリア。現総理のシルビオ・ベルルスコーニ首相(74歳)は、ヤマタク先生と同年配ながら、あい変わらず、あの道はお盛んで、年末年始のパーティには、17歳のモロッコ出身のベテラン少女も参上つかまつったという。なにしろイタリアの”マスコミ王”と称せられる御人物だけに、おカネも影響力も追随を許さず、今春、総理就任以来、九年目の”おメデたい春”を迎えている。
【2011/02/03 10:37】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ