FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
演歌孝
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
愚問の世論調査と菅内閣。
2011/01/16 [Sun]07:56
category:放言
 私が菅内閣打倒を叫ぶ理由は、尖閣列島問題における売国的対応と、政界再編の最大の功労者・小沢一郎に対する仕打ちだ。即ち民族的怒りと人間的憤りだ
 ご覧な方はご存知かと思うが、今朝の「新報道2001」小沢一郎特集で、「週刊朝日」同様、コメンテーターは茂木健一郎であった。私は固唾をのんで見たが、彼の発言は奥歯に物が挟まったような建前で、無難だったが、本音が聞けず、どうもスッキリしなかった。しかし多くの誤解や偏見は払拭できたのではないだろうか。彼も強制起訴されても判決がおりるまで、離党も辞職せずと断言すべきであった。
 私は頻繁に行う世論調査に反対だし、その結果は国民の愚昧さを示すものだと思っている。
早速、毎日新聞は実施、その結果が掲載されたが、菅改造内閣の支持率は微増し、与謝野馨の入閣には、半数の批判があった。政治家もバカだが新聞社もバカだ。依然ととして「政治とカネ」の愚問を、百年一日の如く設問していることだ。国民の77%は倦きもせず、小沢批判を繰り返している。  (T)
『野党、自民党は通常国会冒頭、与謝野馨・経済財政担当相の政治的無節操を問題視して、参院に問責決議案を提出か』 
 野党、自民党の石原伸晃・幹事長は1月15日午前、記者団の質問に応じ、自民党から”たちあがれ日本”(略称・たち日)に走り、さらに”たち日”をも離党して、菅直人民主党政権に経済財政担当相として入閣した与謝野馨・経済財政担当相に対し、その政治的無節操をきびしく批判し、ただちに衆院議員を辞職すべきだ、と勧告した。また自民党の山本一太・参院政審会長は同日朝のTBS政治番組に出て、与謝野馨氏がこれまで文春新書「民主党が日本経済を破壊する」などで、民主党を批判してきたにも拘わらず、一転してその民主党・菅政権入りしたコトについて、自己矛盾も「甚だしすぎる」として、1月24日開会の通常国会冒頭、参院に与謝野氏を問責、弾劾する決議案を提出する意向を明らかにした。山本一太氏はさらに、与謝野馨氏が昨夏の衆院総選挙では、小選挙区(東京1区)で自民党公認候補として出馬し、民主党の海江田万里氏(現経済産業相)に敗れ、辛うじて自民党のワク内で、東京・比例ブロックで復活当選しながらも、この”親心(?)”を忘れ、民主党政権入りしたことを、強く非難し、その議席を自民党に”返上”すべきだ、と迫った。

 このTBS番組に同じく出席していた公明党の高木陽介・幹事長代理も、上記、山本一太氏の所論を支持し、与謝野馨氏は「自民党の東京・比例ブロックで復活当選したにも拘わらず、その反対側に就くのであれば、衆院議員を辞めて、一民間人として入閣せよ」と、主張した。   (R・H)

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
”尖閣問題”に関連して、中国をめぐる二つの動き、北朝鮮進駐とタミール高原の一部を割譲させる
日本人が国内問題に明け暮れしている間に、世界はどんどん変化している。いずれも尖閣諸島(沖縄県)の今後の運命を示唆する、と思われる二大ニュースを紹介する。

(1)韓国の有力紙、朝鮮日報は1月15日、中国、ロシア、北朝鮮三国が境を接する豆満江デルタにある北朝鮮・西北部、羅先(日本統治時代の羅津、雄基両市、人口約20万)経済特区に、中国人民解放軍が”進駐”した、と報道した。中国軍の北朝鮮”進駐”は、第一次”米中対決”ともいわれる朝鮮戦争時、北朝鮮支援のため、数十万の将兵が派遣されて以来、60余年ぶりで、今後、金正日ー金正恩継承期に、北朝鮮が不安定化する場合、全北朝鮮に中国が”進駐”し、朝鮮半島北半分を中国の”保護領”化する可能性を、指摘する向きが多い。

(2)中国西北部に境を接する、中央アジアの砂漠・遊牧国家、タジキスタン共和国(面積14万3100平方キロ、人口695余万)は、このほど上下両院とも、同国東部にあるタミール公言のごく一部、約1000平方キロを、中国に割譲する議決を行った。中国は約130年前の清王朝時代から同タミール高原全域、2万8500平方キロの一括譲渡を求めてきたが、今回、タジキスタン側が割譲に踏み切ったのは、その3・5%に過ぎず、中国国内では大マスコミのあつかいも小さく、中国世論の大勢は「みじめな外交的”勝利”」と、受け取っている、という。反面、”中小国”タジキスタンには「”超大国”中国を、してやったり」、という若干、満足感をあじわっている、といわれる。

なお、北朝鮮の羅先付近は唐王朝時代に、中国が高麗から”奪取した”ことがり、タジキスタンのタミール高原はシルク・ロードの一端をかすめ、わが日本と係争中の尖閣諸島(沖縄県)と同様、中国はいずれも「中国固有の領土だ」と、主張し続けてきた。
【2011/01/16 10:47】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ