FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
演歌孝
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
我が意を得たり!
2011/01/11 [Tue]08:18
category:放言
 年甲斐もなく感情の起伏の激しい私は、一昨日の「たかじんの委員会」に感動したが、昨日発売の『文藝春秋』に掲載された参議院議長・西岡武夫の【菅・仙谷には国は任せられない】に、“我が意を得たり”とばかりに拍手喝采すると共に、新たなる怒りが込み上げてきた。僭越だが、過去書き続けてきた私のブログの内容と一致していた。
政治に関心のある方,正義感に燃える方、心ある方には、是非お読み頂きたい。
以下の報道でも、共産党・社民党・民主党左派及びマスコミの皆さん!平和憲法を護持しますか。話し合いで平和がが守れますか。憲法の前文に書いて国は、理想だが、机上の空論ではありませんか。それこそ吉田茂元総理が言った『曲学阿世』の理屈のように思うが・・・。
 私は、“備えあれば憂いなし”戦争抑止力としての核武装は必要悪だと思う。
昨日のR・H氏の60余年まえの成人の日の思い出は、心が和み癒やされます。ご一読を。   (T)

『中国人民解放軍、核兵器の先制使用もあり得ると、実戦部隊に周知徹底、共同通信が報道』
 年初、わが共同通信が伝えるところによると、”核保有大国”である中国の人民解放軍では、このほど戦略核ミサイル部隊の「第二砲兵部隊」が秘かに”上意下達“の内部文書を流し、米露両国のような核兵器大量保有国と戦争状態に入り、危機的状況に追い詰められて、中国に有効な対抗策がない場合、自国保有の核兵器を先制使用するコトもあり得る、との軍事理論を隊内に周知徹底させる方針をとり始めたことが分かった。これまで中国は政府、軍とも、胡錦濤国家主席の「いかなる状況下でも核兵器の先制使用はしない」との言明に従っていたが、実際には実戦部隊においては”最悪のシナリオ”も想定し、その対抗策を検討し始めているワケで、米国のみならず、その”同盟国”日本にも少なからぬ影響を与えるだろう。従来、中国人民解放軍は秘密厳守主義を守りとおし、こうした文書が漏洩したのは珍しい。   (R・H)

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
日本は「核武装すべし」が85%、国家存亡の危機に「米国が日本を守ってくれない」は78%
人口を均等割りにわって、意見を訊く世論調査ほど、正確ではないだろうが、産経新聞が昨年末、読者に対し、日本の核武装是非について、アンケート調査したところ、男性2422人、女性451人、計2873人から回答があり、実にその85%は、Yes・「核武装すべし」という答えだった。Noはその約五分の一弱の15%だった。

さらに、日本人は核武装について「公けの場で議論すべきか、どうか?」を訊いたところ、Yesが96%で、Noはその約二十分の一の4%に過ぎなかった。現在、わが日本は平和憲法下、超大国アメリカの”核の傘の下”にあるが、米中戦争(?)あるいは日中戦争(?)のような国家存亡の大危機に直面したとき、「米国がとことん日本を守ってくれるかか、どうか?」という質問に対しては、「No・米国は守ってくれない」が78%で、「Yes・米国は守ってくれる」22%の四倍弱だった。
【2011/01/11 09:19】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ