FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
演歌孝
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
国家の衰亡。
2011/01/07 [Fri]09:23
category:放言
『三姉妹あわせて今294歳、計300歳になるまで頑張ろう、”日本一・長寿村”宣言をしている沖縄県国頭郡大宜味村うまれ』 
新春、超後期高齢者の三姉妹・年齢を合算して294歳になる一族が沖縄県にいる。村の入り口に「日本一の長寿村」という大石碑を立てている沖縄本島の北部、国頭郡・大宜味村・田嘉里に三姉妹は生まれ育ったが、もちろん”お嫁入り”して、今は別々の姓になってはいるが、その仲は極めてよい。

 その三姉妹とは、長女が沖縄県西原町に住む宮城マカさん(107歳)、次女が同県沖縄市に住む照屋早苗さん(95歳)、三女が同県浦添市に住む仲村秀子さん(92歳)。昨年末、三姉妹は西原町の介護老人施設で、二、三年ぶりに顔を合わせた。琉球新報の報道によると、三姉妹は、こもごも「よく働いたネ。こんなに生きられたのも、おテントウさまのおカゲです。食べたいモノを食べ、好きなコトを、思う存分やって来たんです」と長寿の秘訣を語った。

 次女、照屋早苗さんの次男で、千葉県に住んでいる照屋全功さん(63歳)が、世界一登録受付の英ギネス・ブックに載せてもらおうと、問い合わせたところ、「高齢者兄弟、スペイン人・3人で合計300歳」という記録が載っているコトがわかり、すくなくともアト二年は生きて、三姉妹、合わせて300歳になるまで、頑張って生き抜く決意(?)を固めた、という。三姉妹は、2人の”やしゃ子(玄孫)”を含めて、すでに子、孫、曾孫など合計、70人以上になる、という。

 沖縄県庁などによれば、大宜味村にはいまなお100才を超える超高齢者が3,4人、90歳を超える後期高齢者が70人ちかく存命している。琉球大学教育学部の平良一教授が食生活の面から、秋田県の農村と比較して、大宜味村民が長寿を保てる原因を追及したところ、「大宜味村の場合、ツケモノをあまり取らず、塩分の摂取量を少なくし、豆類をよく食べていた」ことが判明した。上記「日本一の長寿村」大石碑には、大宜味村老人クラブ連合会の名で、以下のような”戯れ歌”も掲示されていた。
「80歳はまだ童(ワラベ)、
 90歳でお迎え来たら、
 100歳まで待てと
 追い返せ。
 我らは老いて、ますます意気、盛んなり」
(R・H)
元気で長生きするのは結構だが、ボケたり長く病床に臥して生きていても、本人も辛かろうが看病する家族も大変だ。穀潰しだけだ。
ピンピン・コロリンの地蔵さん・お寺やお宮の大繁盛が示すように、殆どの老人は体中、管に繋がれて苦しい、痛い思いをしてまで長生きしたくないと思っている。
ところが、私の周辺をみても、子どもは少ないうえ、年寄りがゴロゴロしている。病院特に内科や整形外科は老人で超満員。その上、馬に秣(まぐさ)を食わせるように、ビックリするほど薬をもらっている。
最近本人から聞いた話によると、心臓を手術してベースメーカーを入れたが、が政府が医療機関に支払う金額は約1千万円、本人負担は百分の一以下だそうだ。そして障害者として多額の恩典があり、税は入らないばかりか税は出るばかり。何度も述べるように、コツコツ積み立ててきた国民年金より生活保護費の方が遥かに多いことに怒りを覚えるが、これでは、国も地方も財政はいずれ破産だ。
 医療制度といい、社会保障制度といい、議員や公務員の多額の給料といい、国家・地方財政が破綻するのは、火を見るより明かだ。こんな簡単なことが、為政者にもマスコミの連中誰一人として、分からないとは情けない。分かっていても我が身可愛さから、声をだして言えないのかもしれない。若い時読んだ「国家の滅亡は、外敵の攻撃ではなく、内政の腐敗・堕落・矛盾からだ」が思い出される。第二の河村たかしや橋下徹のような救世主の出現を鶴首して待つや切!。  (T)

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
歩くスピードで、高齢者の残された”余命”がわかる?
「高齢者が歩くスピードは、残された”余命”と関係がある」という米ピッツバーグ大学医学部研究チームの研究結果が、このほど米医学雑誌に発表された。米CNN放送によると、同チームは最近、65歳以上の男女、約3万5000人に対し、各種の”歩行実験”を試みた結果、上記のような結論を打ち出した、という。たとえば70歳で、時速5・6キロで歩く速足の人と、時速4・8キロの歩行者との”余命”を比べたら、平均、時速5・6キロ組が後者4・8キロ組より男性で4年、女性で6-7年ほど長生きしていた、という。しかし、この時速4・8キロ組も、時速1・6キロのノロノロ組と比べると、平均、男性で8年、女性で10年ほど長生きしていた、という。歩行の際、人間の足などには、心臓、血管、筋骨、神経など、ありとあらゆる肉体の諸器官機能が集中して影響しており、これら諸器官の正常、異常の差が反映するのだ、そうだ。
【2011/01/07 10:45】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ