FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセス 270、000を突破。
2010/12/10 [Fri]07:16
category:放言
 今日、ブログ『生前告別式』のアクセス数が270、000を突破。
軽い気持ちで始めたブログだったが、“塵も積もれば山となる”と“継続は力なり”の諺と格言通り、挫ける気持ちに鞭打って毎日、コツコツ書き続けた結果である。
これは、元大新聞論説委員、元大学国際経済学部教授・R・H氏の毎日送られてくるメールとコメントとアクセスしていただく愛読者のお陰である。この紙上借りて厚くお礼を申し上げます。
明日からは、政治問題はさておき、少しくだけたR・H氏の記事や私の少しHな随想を書く予定です。 (T)
『「マッカーサーがつくらせた戦争放棄の”平和憲法”は、東アジア安保や”日米同盟”の強化を邪魔しているので、早く日本国民に改正させろ」と言う議員が米上下両院で多数派、古森義久記者がブログで報道』
 毎日新聞から産経新聞に転籍し、ワシントンを本拠にして、日米関係などを取材し続けているベテラン海外特派員、古森義久記者は12月9日、米議会では60余年前、当時、日本全土を占領していた米軍最高司令官、ダグラス・マッカーサー元帥の指令により、日本の国会が制定、順守してきた現行・日本国憲法(いわゆる”平和憲法”)が、東アジア安全保障体制確立や、”日米同盟”強化への障害になっているとして、日本国民に対し、早く「”平和憲法”を改正させろ」という憲法改正論者が、米上下両院とも多数派を占めるようになった、と古森氏個人のブログなどで報道した。

 これら米上下両院議員たちは、現行・日本国憲法(”平和憲法”)第9条「戦争放棄」条項と、それにもとずいて集団自衛権の行使や、集団的自衛機構への参加をためらっているコトが、日米共同防衛体制強化を邪魔している、と遺憾の意を表明している。彼ら米国議会における現行・日本国憲法改正促進論者の論拠になっているのは、米議会調査局が先月下旬、作成し終わった報告書「日米関係の今後、米議会に課せられた諸課題」で、その大要は以下のとおり。

 (1)占領米軍が素案を起草し、日本の国会で制定された現行”平和憲法”は、いまや日米安保体制を、より緊密化させて行くうえで、大きな障害になっている。同憲法9条は日本国に交戦権を、すべて禁止している。日本の国民世論は過去60余年間、おうむね日本みずからの軍事力制限を支持してきたが、最近こうした絶対平和論は徐々に弱体化してきた。ただ問題は、現在の民主党政権が改憲問題に取り組まず、ちかい将来、改憲是非の論議を始める兆しさえ見せていないコトである。
(2)日米安保体制を、モッと堅固なモノにするためには、米国と一体化して、集団で、不当な挑発や戦闘に立ちむかえる段階まで、両国の軍事協力体制を高めなくてはならない。”憲法改正”自体は、日本国民が決めるコトだが、米国は日本に対し、安全保障関係の情報をさらに提供し、日本国民の自衛思考などを改めさせて行く必要がある。
    (R・H)

テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
対ソ(対ロ)戦想定の戦車保有数を200両へらして、海空からの来襲を考えられる対中戦むけに、その分、南西諸島防衛を強化!
読売新聞などが12月9日、報じたところによると、我が防衛省はこのほど、むこう十年ぐらいの我が防衛力整備の基本となる新「防衛大綱」をマトめたが、一昨年、策定された旧「防衛大綱」に比べ、東シナ海等における中国の脅威を強調し、鹿児島県奄美群島から沖縄県八重山群島に至る南西諸島の防衛強化策を、”目玉”として打ち出している。沖縄本島にある米空軍・嘉手納飛行場、米海兵隊・辺野古(名護市)キャンプなど、米軍基地についても、現状維持継続の態度をとっている。

この新「防衛大綱」のナカで、とくに目立つのは、旧「大綱」では地上戦用の戦車、常時・約600両の保持を基本方針としていたのに対し、新「大綱」では、これを約400両に、200両も減らし、その削減分の金額を南西諸島防衛用に振り向けているコトだ。戦車保有数を200両へらすと、戦車本体だけでも1000億円以上、浮き上がり、その分を南西諸島防衛強化にまわせる。すでに沖縄県最南端の与那国島には、一個大隊ていどの陸上自衛隊を駐留させ、宮古群島における航空自衛隊施設を強化する方針が内定している。

20世紀末までは、対ソ(対ロ)戦を最大の課題として想定し、北海道などに上陸して来るコトも予想されるソ連(ロシア)地上軍を”迎撃”のため、戦車の増強策がとられていた。現在の我が戦車保有数は約750両で、1995年策定の旧旧「防衛大綱」では、これを約900両に増やす目標も掲げられていた。東シナ海など、海空からする中国軍の”侵入“防止を、主たる狙いとする新「防衛大綱」では、これが半分以上、減らされるコトになる。
【2010/12/10 10:41】 URL | R.H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。