FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子を思う母の愛。
2009/12/04 [Fri]08:12
category:放言
『鳩山首相への母親の政治資金提供問題、弟・邦夫氏への”子ども手当”もばれ、自民党の追及も「墓穴を掘る」恐れ』

 母親・鳩山安子さん(87歳)による鳩山家四代目、長男・鳩山由紀夫首相(62歳)への、巨額政治資金供与と、その名義偽装に関する問題は、鳩山首相不起訴がほぼ確実視される現在でも、いぜん野党・自民党内には鳩山政権攻撃の好材料として利用したがる議員が少なくないが、反面、深みにハマればハマるほど「”自ら墓穴を掘る”ことになりかねない」とする慎重論も出ている。これは東京首都圏の夕刊フジ等が12月3日夕、伝えたモノで、母・鳩山安子さんは、自民党の”前頭筆頭”格で、麻生太郎前政権の有力な支柱だった次男・鳩山邦夫元総務相(61歳)にも、兄首相と、ほぼ同額の十億円ちかい政治資金を、提供していたことが暴露され、鳩山兄弟の”恥部”をアバき過ぎると、邦夫氏の自民”離反”もあり得ないコトではない、とする見方が出て来たからである。

 自民党内でも、福田康夫元政権の官房長官だった町村信孝衆院議員(町村派のリーダー)らは、党執行部が鳩山邦夫氏を”喚問”して、実母から例月”子ども手当”を”頂戴”していた内情を”尋問”し、問題が深刻化すれば、弟・邦夫氏に対し、「衆院議員を辞職せよ」と迫れ、とまで言い切った。しかし、谷垣禎一同党総裁は12月3日の記者会見で、町村氏らの強硬論を風に流し、まず「ご本人が公けの場で国民に事情を説明して欲しい。党の対応は、そのアトだ」と、当面、邦夫氏自身の出方を見る慎重論に、終始した。

 鳩山兄弟は、与野党に分かれた今日、「兄は黒いハト、僕は白いハト」と、弟・邦夫氏が揶揄(ヤユ)するほど、ウワベは仲が悪いが、こと”お母さま”との血縁関係では、隣国・韓国の朝鮮日報が”マザコン兄弟”と皮肉るほど、母を守る一心で、”肩をすり寄せあう”という。弟・邦夫氏は、実母・安子さんからの政治資金供与を、表面、全面的に否定しており、この巨額”子ども手当”の件が機縁になって、”お母さま”を触媒(ショクバイ)”にして、鳩山兄弟連携体制を”復活”し、自民瓦解を含む保守政界再編の序幕にもなりかねない、とインターネット・ニュースのNiftyなどは、伝えている。
(R・H)
一人息子の私も母から溺愛され、妹がいつも腹立て、“母ちゃんは、兄ちゃんばかり可愛がり過ぎる”と抗議すると、母は“あんたたちは嫁に行く身、実家が寂れたら肩身が狭いよ”と取り合わなかったことを思い出す。私が共産党にかぶれたときも、母の従兄弟が自民党から衆議院に立候補していながら、共産党に投票してくれた。父が死んでも一週間で正常になったが、母のときは、約1年近く放心状態だった。老人になった今でも、母を思い出すと涙が滲む。
恐らく鳩山の母・安子さんも、そんな気持ちで気安くカネを出したと思うヨ。
公私混同してはいけないが、マスコミも自民党も、そんな思い遣り、即ち、子を思う母の気持ちを忖度してほしいものだ。  (T)

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
小沢幹事長は党中心の”陳情仕分け会議”を開催
鳩山=小沢両リーダーの双頭支配下にある政府・与党は、鳩山由紀夫内閣が公開の来年度予算案”事業仕分け”作業を、ほぼ無事に達成したのに対し、小沢一郎幹事長の”独裁(?)”下にある民主党は、地方自治体や業界団体などの”予算分捕り”陳情を、フルイにかける”陳情仕分け会議”を連日、開いている。「ここに高速道を」、「あそこに橋を」といった末端の陳情を、すべて党中央の幹事長室に集めて整理し、順位をつけて、鳩山首相ひきいる政府に渡そうというワケである。

仙谷由人行政刷新担当相が主管大臣である”事業仕分け”作業が公開のうえ、”仕分け人”が国会議員(与党)プラス民間専門家という混成チームだったのに対し、小沢幹事長ジキジキお出ましの”陳情仕分け会議”は一部をのぞき非公開のうえ、仕分ける”陳情・判定者”は、ほとんど全員が民主党の国会議員である。

”政治主導”型の国政運営を掲げる小沢幹事長の”上意”が反映して、この”陳情仕分け会議”での、民主党側・判定基準は、同党のマニフェスト(公約)、政綱に合致しているか、どうかが、第一の”合格ライン”である。小沢幹事長は、同会議でも、来夏の参院選など、各種選挙との関連を重視する、と明言している。

”陳情仕分け会議”の会場となった国会議事堂には、各道府県知事をはじめ、市町村長や業界団体代表などの面々が首をそろえ、仕分け順位・判定役の民主党議員に対し、「よろしく我が方を」と、お願いしていた。もっとも党側の”陳情仕分け会議”は、事業着手の順位をつけ、政府側に伝えるだけで、具体的な個々の事業への決定権は、政府側にある。
【2009/12/04 11:08】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。