プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
徒然なるままに。
2009/12/03 [Thu]08:45
category:放言
『郵便局で今後、祝祭日には国旗掲揚を、逓信記念日にはさらに国歌斉唱を、国民新党が斎藤新郵政社長に要望

 ”連立与党”国民新党は11月27日、同党政調会の会合に、日本郵政の斎藤次郎新社長を招き、日本郵政グループへの要望書を手渡した。この要望書では、同社グル-プ社員全員に「公共の使命への自覚」を求め、各郵便局における祝祭日の国旗掲揚と、四月の逓信記念日における国家斉唱を、要請している。郵政民営化前、ところによっては祝祭日に「日の丸」を掲げ、逓信記念日に国歌を歌った郵便局もあったが、いまはそうしたコトをする局は絶無らしい。斎藤新社長はウナズいて聞いていた、という。
(R・H)

友人Hさんに誘われて、昨日(2日)、北九州市立『文学館』で開かれている“横山白虹生誕110年記念展覧会”に行った。白虹は、小倉から現代俳句を牽引した俳人で、医師や市議をし、囲碁、野球、ラグビーと多趣味、多才な持ち主で、俳句雑誌『自鳴鐘』を創刊した。俳人にとって、見逃せない垂涎(すいぜん)の催しでないだろうか。
Hさんは句集を出しているほどだからいいが、私は俳句や短歌に門外漢で、解説がないとチンプンカンプンである。ただ白虹は、田辺聖子の畢生(ひっせい)の名作『花衣ぬぐやまつわる・・・』によると、私の恩師の妻、著名な女流俳人・久女が、高浜虚子の「ホトトギス」の除籍は、彼の中傷によるものだと読んで、少なくとも好感は持てないどころか反感を抱いていた。
本音を言うと、気品溢れる近寄りがたい窈窕(ようちょう)たる美人・I女史の昼休みを狙って昼食を共にし、文学談義をすることであった。僅か1時間で欲求不満であったが、愉しかった。
映画『沈まぬ太陽』に感動して、山崎豊子の原作全5巻を読み始め、アットいう間に2巻を読み終えた。日本航空をモデルの創作だが、実に読みやすく迫力があり、興奮して眠れぬほどである。
主人公は、組合の委員長をしたため、カラチ、テヘラン、ナイロビと島流しに左遷されていく姿が描かれている。圧巻なのは、中近東の気候、風土、風俗の描写である。
枕元には、先年自殺した著名な評論家・江藤淳の『南洲残影』と、西郷隆盛を書いた本を併読している。   (T)

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
大阪府議会の最大会派、自民党議員団が全・府立施設に国旗・日の丸掲揚を義務ずける府条例案を提出
大阪府議会(定数112人)の最大会派、自民党(議席49人)は、このほど府立高校などを含める全府立施設に対し、業務時間中、常時、国旗「日の丸」を掲揚するよう、義務ずける府条例案を、現在、開会中の定例府議会に提出した。公明党(議席23人)は、態度を明らかにしていないが、同調する可能性が高い。民主党(議席24人)、府民ネット(議席3人)、社民、フロント狭山(各議席1人)はその取り扱いに慎重を期し、共産党(議席10人)はこれに反対である。12月15日までの同議会開会中に成立するか、どうか、今後の審議にかかっている。

大阪府議会は1963年、府の”法令”である条例ではなく、ただ議会の意思を表明するだけの”決議”で、府立施設の「日の丸」掲揚を勧告したコトはあるが、ほとんど守られていなかった。橋下徹大阪府知事は「日の丸掲揚を義務ずける条例が府議会で可決されれば、守らざるを得まい」という意見である。大阪府下の小中学校などは、府立でなく、各市町村立で、市町村議会、市町村教委の態度如何によって、国旗掲揚問題の行方はきまるが、おそらく府議会の「日の丸」掲揚条例化が決まれば、大部分の市町村がこれに影響され、同様の措置をとるだろう。
【2009/12/03 10:01】 URL | R・H #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ